INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 了義灯 [SAT] 了義燈 [SAT] [ DDB ] 了义灯 [SAT] 了义燈 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
成唯識論述記 (文献) (...)  同学鈔 (文献) (...)  解深密経 (文献) (...)  慧沼 (人物) (...)  増明記 (文献) (...)  八巻私記 (文献) (...)  普為乗教説 (術語) (...) (人物) (...)  解深密経疏 (文献) (...)  法相教学 (術語) (...) 
-- 33 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
高井 観海 (著)唯識思想の史的考察智山学報 通号 1930-12-05 1-31(R)詳細
加藤 精神 (著)唯識宗の三時教判を論ず日華仏教研究会年報 通号 2 1937-09-01 235-241詳細
富貴原 章信 (著)唯識宗の支那三祖日華仏教研究会年報 通号 6 1943-09-10 40-65詳細
北畠 典生 (著)相見同別種論について龍谷大学論集 通号 375 1964-02-20 116-129詳細
太田 久紀 (著)日本唯識研究駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 29 1971-03-15 155-172詳細あり
吉田 道興 (著)中国唯識思想研究曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 9 1977-09-15 181-182(R)詳細
上田 晃円 (著)慧沼の教学的特徴とその展開(1)宗教研究 通号 263 1985-03 163-164詳細
『法相了義灯』徳一論叢 通号 1986-12-22 305-307(R)詳細
根無 一力 (著)慧沼の研究仏教学研究 通号 43 1987-06-30 161-188詳細
西 芳純 (著)唯識説における無漏種子論攷唯識思想の研究:山崎慶輝教授定年記念論集 通号 1987-07-10 189-210(R)詳細
楠 淳証 (著)三時教判の展開印度学仏教学研究 通号 73 1988-12-15 301-306詳細
楠 淳証 (著)唯識思想と西方願生思想龍谷教学 通号 24 1989-06-01 7-15詳細
渡辺 隆生 (著)唯識学における因縁種子依に関する異説仏教学研究 通号 45/46 1990-03-31 33-51(L)詳細
北畠 典生 (監修)日本の中世における唯識思想の研究龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 29 1990-12-25 1-58詳細
末木 文美士 (著)日本法相宗の形成仏教学 通号 32 1992-03 21-39詳細
後藤 康夫 (著)日本唯識における「普為乗教」説について印度学仏教学研究 通号 80 1992-03-20 133-137詳細
竹内 真道 (著)『成唯識論』における大乗仏説論印度学仏教学研究 通号 80 1992-03-20 90-93詳細
吉津 宜英 (著)太賢の『成唯識論学記』をめぐって印度学仏教学研究 通号 81 1992-12-20 117-123詳細
奈良 弘元 (著)『総料簡章私記』について宗教研究 通号 295 1993-03-31 281-282(R)詳細
末木 文美士 (著)日本法相宗の形成日本仏教思想史論考 通号 1993-04-08 127-145(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage