INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 勝義 [SAT] [ DDB ] 勝义 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
世俗 (術語) (...)  三摩地 (術語) (...)  行願 (術語) (...)  無自性 (術語) (...)  二諦説 (術語) (...) (術語) (...) (術語) (...)  帰謬論法 (術語) (...)  二真理説 (術語) (...)  了義 (術語) (...) 
-- 208 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
木村 政覺 (著)戒に就ての所感智山学報 通号 4 1917-06-17 45-49(R)詳細
加藤 精神 (著)唯識学に於ける種子説の発達に就いて日本仏教学協会年報 通号 4 1933-01 208-詳細
野沢 静証 (著)山口益仏教に於ける無と有との対論大谷学報 通号 85 1942-02-20 95-102詳細
中村 元 (著)バルトリハリに於ける絶対者の観念哲学雑誌 通号 693/694 1944-12-01 31-52詳細
中村 元 (著)ことばの形而上学(上)哲学雑誌 通号 695 1945-01-01 31-63詳細
酒井 紫朗 (著)菩提心論に就いて密教文化 通号 2 1947-12-15 1-15(R)詳細
遠藤 秀嶺 (著)解脱観(解深密経に於ける)仏教学研究 通号 5 1951-06-15 73-74(R)詳細
野沢 静証 (著)清弁の二諦説日本仏教学会年報 通号 18 1953-04 18-詳細
藤 謙敬 (著)仏教の教授原理としての二諦説印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 219-222詳細
佐々木 現順 (著)勝義有・世俗有・実有について印度学仏教学論叢:山口博士還暦記念 通号 1955-11-01 162-176(R)詳細
安井 広済 (著)中観説の立場としての二諦説大谷大学研究年報 通号 8 1955-12-30 59-143詳細
長沢 実導 (著)解深密経第一章について印度学仏教学研究 通号 11 1958-01-10 209-212詳細
小島 誠一 (著)実践的真理と言説の真理印度学仏教学研究 通号 12 1958-03-30 114-115詳細
酒井 真典 (著)paramārthasevāについて印度学仏教学研究 通号 15 1960-01-25 50-57(L)詳細
川勝 義雄 (著)江戸時代における世説研究の一面東方学 通号 20 1960-06 104-118(R)詳細
田中 順照 (著)絶対と現象密教文化 通号 48/49/50 1960-11-25 106-119(R)詳細
山田 恭道 (著)世俗諦について印度学仏教学研究 通号 17 1961-01-25 124-125詳細
高木 訷元 (著)数論学派の資料ユクティ・ディーピカーについて密教文化 通号 52 1961-03-15 68-74(R)詳細
丹治 昭義 (著)中観哲学に於ける解脱の性格インド学試論集 通号 3 1962-06-25 19-38詳細
北畠 利親 (著)清弁と月称の二諦論印度学仏教学研究 通号 21 1963-01-15 66-71詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage