INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 地論学 [SAT] 地論學 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
中国仏教 (分野) (...)  鎌田茂雄 (人物) (...) (時代) (...)  智顗 (人物) (...)  三論学 (分野) (...)  吉蔵 (人物) (...)  6世紀 (時代) (...)  浄影寺慧遠 (人物) (...)  六世紀 (時代) (...)  華厳学 (分野) (...) 
-- 33 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鍵主 良敬 (著)浄影寺慧遠の如来蔵思想印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 128-129詳細
横超 慧日 (著)慧遠と吉蔵仏教思想史論集:結城教授頌寿記念 通号 1964-03-31 433-450(R)詳細
藤 隆生 (著)地論唯識説の二傾向に対する教学史的試論印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 196-199詳細
鎌田 茂雄 (著)中国南北朝時代の華厳研究序説駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 23 1965-03-15 75-87詳細
研究部 ()浄影寺慧遠における大乗思想の展開鈴木学術財団研究年報 通号 2 1966-03-31 96-97詳細
吉津 宜英 (著)経律論引用より見た『大乗義章』の性格駒沢大学仏教学部論集 通号 2 1971-12 123-137詳細
吉津 宜英 (著)大乗義章八識義研究駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 30 1972-03-15 141-161詳細
吉津 宜英 (著)地論師という呼称について駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 31 1973-03-25 307-323詳細
吉田 道興 (著)初期地論学派における諸問題印度学仏教学研究 通号 46 1975-03-31 305-308詳細
吉津 宜英 (著)四宗判と空義印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 236-239詳細
吉津 宜英 (著)地論学派の学風について宗教研究 通号 230 1976-12 139-140詳細
吉津 宜英 (著)華厳教学における生死観序説日本仏教学会年報 通号 46 1981-03 163-180詳細
石橋 真誡 (著)地論学派の思想的系譜仏教論叢 通号 29 1985-09-10 91-93(R)詳細
織田 顕祐 (著)道憑の五時判について印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 53-59詳細
智儼における『捜玄記』撰述の背景について宗教研究 通号 275 1988-03-31 146-147(R)詳細
加藤 勉 (著)『法華玄義』「雑録」について天台学報 通号 38 1996-11-30 59-68(R)詳細
吉村 誠 (著)摂論学派における玄奘の修学について印度学仏教学研究 通号 89 1996-12-20 48-50詳細
吉津 宜英 (著)『大乗止観法門』の再検討印度学仏教学研究 通号 96 2000-03-20 12-18詳細
木村 迎世 (著)『安楽集』における『維摩経』について仏教論叢 通号 44 2000-03-31 62-69(R)詳細
吉津 宜英 (著)浄影寺慧遠の起信論引用について印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 86-91詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage