INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 寂円 [SAT] 寂圓 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
義雲 (人物) (...)  道元 (人物) (...)  如浄 (人物) (...)  徹通義介 (人物) (...)  懐弉 (人物) (...)  建撕 (人物) (...)  義演 (人物) (...)  義介 (人物) (...)  詮慧 (人物) (...)  正法眼蔵 (文献) (...) 
-- 54 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
東 隆真 (著)道元禅師直後に於ける宗学思想の展開宗学研究 通号 7 1965-05-20 138-143(R)詳細
千葉 乗隆 (著)信濃真宗寺院成立の系譜真宗史の研究:宮崎博士還暦記念 通号 1966-12-10 349-395(R)詳細
有木 環山 (著)解明を期待する宗史の分野の数例宗学研究 通号 9 1967-03-31 14-19(R)詳細
東 隆真 (著)寂円の家風とその特色印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 267-271詳細
東 隆真 (著)道元禅師の門下と鎌倉金沢文庫研究 通号 163 1969-11 7-14詳細
東 隆真 (著)伝光録第五十祖天童浄和尚考曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 4 1972-09-20 36-44(R)詳細
古田 紹欽 (著)永平教団における寂円派について仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 813-819(L)詳細
高橋 賢陳 (著)道元禅師と嗣法上の問題宗学研究 通号 16 1974-03-31 21-26(R)詳細
石川 力山 (著)『義雲録』における『宏智録』引用の意義駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 35 1977-03 276-299詳細
鈴木 格禅 (著)「覚触」考駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 35 1977-03 39-56詳細
石川 力山 (著)寂円派研究序説日本仏教史学 通号 12 1977-08-10 54-65詳細
石川 力山 (著)中世禅宗史料の再検討曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 9 1977-09-15 173-174(R)詳細
石川 力山 (著)義雲編とされる『永平頂王三昧記』について駒沢大学仏教学部論集 通号 8 1977-10 147-162詳細
石川 力山 (著)承天本『建撕記』の翻刻駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 36 1978-03 231-264詳細
原田 弘道 (著)中世禅宗における義雲の立場駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 36 1978-03 126-142詳細
石川 力山 (著)『建撕記』の史料的価値(上)駒沢大学仏教学部論集 通号 9 1978-11 196-207詳細
田中 敬信 (著)「正法眼蔵随聞記」私考宗教研究 通号 238 1979-02-28 204-205詳細
石川 力山 (著)曹洞宗寂円派の歴史的性格禅宗の諸問題 通号 1979-12 151-178(R)詳細
石川 力山 (著)『建撕記』の史料的価値(下)駒沢大学仏教学部論集 通号 11 1980-11 157-170詳細
石川 力山 (著)寂円派研究序説日本名僧論集 通号 8 1983-07 365-379詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage