INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 用例 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
因縁 (術語) (...)  過去 (術語) (...)  村上真完 (人物) (...)  諸法 (術語) (...)  自然 (術語) (...) 
-- 123 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
梯 俊夫 (著)真宗学と国語の諸問題顕真学報 通号 31 1940-11-30 13-30(L)詳細
石上 善応 (著)仏典に現われたるbhakti信の用例印度学仏教学研究 通号 16 1960-03-30 79-86詳細
吉岡 義豊 (著)中国における「祖先」の語について宗教研究 通号 166 1961-01-15 96-96(R)詳細
金戸 守 (著)勝鬘経義疏表現の問題点(一)聖徳太子研究 通号 2 1966-05-10 36-46詳細
海野 孝憲 (著)弥勒の唯識説にみられる空性(śūnyatā)の用例とその意味について印度学仏教学研究 通号 29 1966-12-25 98-104詳細
伊藤 丈 (著)正法眼蔵の一語法仏教文学研究 通号 1967-05 219-264(R)詳細
伊藤 瑞叡 (著)十地経におけるdharma-paryāyaなる成語の用例について鈴木学術財団研究年報 通号 4 1968-03-31 140-144詳細
塚本 啓祥 (著)バガヴァド・ギーターにおける“sāṃkhya”の語義について印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 18-26詳細
祖父江 章子 (著)信の用例より見た法華経構成区分に対する一考察東洋大学大学院紀要 通号 7 1971-03-25 347-358(L)詳細
長谷部 好一 (著)宗教の語をめぐって宗教研究 通号 210 1972-03-31 88-89(R)詳細
久木 幸男 (著)中世の村校について印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 124-128詳細
大島 宏之 (著)方便品における信の構造中央学術研究所紀要 通号 2 1972-04-05 99-117詳細
雲井 昭善 (著)ニカーヤにおけるbrahma- とdhamma- との対句用例仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 61-81(L)詳細
村上 真完 (著)プルシャとアートマン宗教研究 通号 218 1974-03-30 83-84(R)詳細
井上 正見 (著)法然にみえる自然に関する文例真宗研究会紀要 通号 6 1974-12 78-89詳細
武内 紹晃 (著)弥勒論書におけるtāの用例龍谷大学論集 通号 405 1975-02-20 56-75詳細
壬生 台舜 (著)仏教における恩の語義仏教の倫理思想とその展開 通号 1975-03 305-350(R)詳細
佐々木 隆子 (著)転依についての一考察印度学仏教学研究 通号 46 1975-03-31 180-181詳細
藤田 宏達 (著)浄土経典における法の用例仏教における法の研究:平川彰博士還暦記念論集 通号 1975-10-10 135-166詳細
静 慈円 (著)弘法大師の文章構造論一考密教学会報 通号 15 1976-03-15 67-78(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage