INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 往相 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
還相 (術語) (...)  回向 (術語) (...)  廻向 (術語) (...)  教行信証 (文献) (...)  慈悲 (術語) (...)  証巻 (文献) (...)  大行 (術語) (...)  浄土真宗 (術語) (...)  讃阿弥陀仏偈和讃 (文献) (...)  入出二門 (術語) (...) 
-- 131 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
小野 蓮明 (著)還相回向の問題親鸞教学 通号 21 1972-12-20 252-280詳細
西谷 啓治 (著)現代と仏教親鸞教学 通号 21 1972-12-20 358-382詳細
林 一宗 (著)本願力回向親鸞教学 通号 21 1972-12-20 231-251詳細
堤 玄立 (著)還相回向について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 18 1974-03-25 35-45詳細
山際 義一 (著)証の内容としての第十一願と第二十二願とのかかわりあいについて真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 18 1974-03-25 128-133詳細
石田 充之 (著)親鸞における円融の哲理の宗教的意義宗教研究 通号 218 1974-03-30 153-154(R)詳細
尾野 義宗 (著)往還の廻向成就についての一考察真宗研究会紀要 通号 8 1976-02-25 37-62(L)詳細
荻生 隆三 (著)第十八願要論宗学院論輯 通号 12 1976-03-15 71-92詳細
桑原 浄昭 (著)曇鸞発揮による往還二廻向義の意義印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 144-145詳細
武内 義範 (著)往相と還相親鸞教学 通号 28 1976-06-30 79-93詳細
藤堂 恭俊 (著)善導大師編著なる『往生礼讃』所説の五念門浄土学 通号 30/35 1977-02-11 105-140詳細
五十嵐 明宝 (著)『教行信証』における慈悲と智慧印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 327-330詳細
藤吉 慈海 (著)往相と還相浄土宗学研究 通号 11 1979-03-31 149-159(R)詳細
曽我 量深 (著)大悲の本親鸞教学 通号 39 1981-12-10 83-93詳細
幡谷 明 (著)『大無量寿経』の回向思想親鸞教学 通号 40/41 1982-12-20 17-35詳細
安田 理深 (著)回向親鸞教学 通号 40/41 1982-12-20 305-325詳細
仁科 弘 (著)親鸞の二種廻向について印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 189-192詳細
海辺 忠治 (著)西田哲学における絶対者の性格について宗教研究 通号 246 1983-02 182-184詳細
田辺 正英 (著)哲学における往相と還相について宗教研究 通号 246 1983-02 154-155詳細
五十嵐 明宝 (著)本願一乗海における往還二廻向の発揮としての意義武蔵野女子大学仏教文化研究所紀要 通号 2 1984-03-31 25-41(L)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage