INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 浄土和讃 [SAT] 淨土和讃 [SAT] 浄土和讚 [SAT] 淨土和讚 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
教行信証 (文献) (...)  親鸞 (人物) (...)  高僧和讃 (文献) (...)  正像末和讃 (文献) (...)  歎異抄 (文献) (...)  三帖和讃 (文献) (...)  唯信鈔文意 (文献) (...)  選択集 (文献) (...)  浄土高僧和讃 (文献) (...)  大無量寿経 (文献) (...) 
-- 207 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
普賢 大円 (著)浄土真宗の実践法仏教学研究 通号 12/13 1956-06-25 132-140詳細
常盤井 猷麿 (著)親鸞聖人の特殊仮名遣について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 2 1956-09-25 93-103詳細
禿 諦住 (著)真宗学に於ける伝統の本質真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 3 1957-10-30 34-42詳細
大江 淳証 (著)真仏土と行文類真宗学 通号 19 1958-07-01 1-19詳細
佐藤 哲英 (著)親鸞教学と叡山仏教龍谷大学論集 通号 365 1960-12-16 30-44詳細
村上 速水 (著)『現世利益和讃』の思想背景龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 2 1963-06-25 40-54詳細
石田 瑞麿 (著)親鸞と末法思想印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 244-247詳細
光地 英学 (著)浄土教者の釈尊観宗教研究 通号 186 1965-10-31 75-76(R)詳細
秦 如晨 (著)浄土真宗より見たる観音の信仰龍谷教学 通号 1 1966-07-10 86-89詳細
神子上 恵竜 (著)現世利益和讃の研究真宗学 通号 35/36 1967-02-10 1-22詳細
桐渓 順忍 (著)「如来とひとし」について宗教研究 通号 190 1967-03-31 120-121(R)詳細
朝枝 俊成 (著)御伝鈔に現われたる夢について龍谷教学 通号 2 1967-06-15 111-120詳細
小野 蓮明 (著)念仏往生の「主体性」親鸞教学 通号 11 1967-11-10 59-73詳細
小林 昭英 (著)現世利益和讃について龍谷教学 通号 3 1968-07-10 46-54詳細
東 宣教 (著)真宗念仏の再検討真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 13 1968-11-15 25-36詳細
普賢 大円 (著)真宗教学の二大潮流龍谷教学 通号 4 1969-06-30 157-170詳細
稲垣 不二麿 (著)単独者真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 14 1969-11-15 60-67詳細
坪井 俊映 (著)法然浄土教における罪悪について浄土宗学研究 通号 5 1971-03-31 47-69(R)詳細
栗原 行信 (著)和国ノ教主親鸞教学 通号 18 1971-06-20 26-34詳細
寺川 俊昭 (著)浄土の讃歌大谷学報 通号 190 1971-11-10 1-18詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage