INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 看話禅 [SAT] 看話禪 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
黙照禅 (術語) (...)  公案禅 (術語) (...)  無字 (術語) (...)  公案 (術語) (...)  看話 (術語) (...)  本覚 (術語) (...) (術語) (...)  文字禅 (術語) (...)  日本文化 (術語) (...)  大慧宗杲 (人物) (...) 
-- 119 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
西村 恵信 (著)宋代叢林の矛盾と超克宋代禅宗の社会的影響 通号 2002-11-26 175-188詳細
李 法山 (著)慧諶の無字看話禅について印度学仏教学研究 通号 102 2003-03-20 242-248(L)詳細あり
姜 文善 (著)普照禅と大慧禅印度学仏教学研究 通号 102 2003-03-20 249-255(L)詳細
海老沢 早苗 (著)無本覚心の思想における『無門関』の位置づけ駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 36 2003-05 81-94詳細
趙 明済 (著)臨済宗をめぐる高麗と宋の交流駒沢大学仏教学部論集 通号 34 2003-10-31 243-261詳細
蓑輪 顕量 (著)韓国仏教現状調査禅研究所紀要 通号 33 2004-03-31 119-133(R)詳細
小川 隆 (著)庭前の栢樹子思想 通号 960 2004-04-05 187-206詳細
金子 奈央 (訳)禅とオリエンタリズムの興起(上)思想 通号 960 2004-04-05 135-166詳細
末木 文美士 (著)禅の言語は思想を表現しうるか思想 通号 960 2004-04-05 32-51詳細
土田 健太郎 (著)朱子学と禅思想 通号 960 2004-04-05 52-70詳細
フォール ベルナール (著)禅とオリエンタリズムの興起(上)思想 通号 960 2004-04-05 135-166詳細
廣田 宗玄 (著)大慧宗杲による「壁観」再解釈 臨済宗妙心寺派教学研究紀要 通号 2 2004-05-15 34-55(R) 詳細
廣田 宗玄 (著)大慧宗禅文化研究所紀要 通号 27 2004-12-15 119-150詳細
廣田 宗玄 (著)看話禅における禅定の一様態印度学仏教学研究 通号 106 2005-03-20 187-189(R)詳細
廣田 宗玄 (著)「狗子無仏性話」に関する考察臨済宗妙心寺派教学研究紀要 通号 3 2005-04-15 21-44(R)詳細
廣田 宗玄 (著)張商英の『清浄海眼経』について印度学仏教学研究 通号 107 2005-12-20 143-149詳細
西岡 秀爾 (著)仏向上について宗学研究 通号 48 2006-03-31 211-216(R)詳細
小川 隆 (著)趙州の七斤布衫駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 39 2006-05-30 1-19(R)詳細
石井 修道 (著)宋代の禅禅学研究入門 通号 2006-12-15 133-156(L)詳細
鄭 性本 (著)韓国の禅禅学研究入門 通号 2006-12-15 207-226(L)詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage