INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 真仏弟子 [SAT] 真佛弟子 [SAT] 眞仏弟子 [SAT] 眞佛弟子 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
教行信証 (文献) (...)  現生正定聚 (術語) (...)  獲信者 (術語) (...)  金剛心 (術語) (...)  念仏者 (術語) (...)  自力執心 (術語) (...)  諸仏等同 (術語) (...)  称名行 (術語) (...)  浄土論 (文献) (...)  二種深信 (術語) (...) 
-- 53 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
小武 正教 (著)真仏弟子の一考察龍谷大学大学院紀要 通号 5 1983-03-22 83-85詳細
橋本 芳契 (著)教行信証に現われた大集経仏教文化論攷:坪井俊映博士頌寿記念 通号 1984-10-02 21-38(R)詳細
奥田 範美 (著)親鸞思想に於ける善鸞事件の意味印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 259-261詳細
小武 秀道 (著)真仏弟子私釈印度学仏教学研究 通号 72 1988-03-25 82-84詳細
徳永 大信 (著)逆謗摂取論龍谷教学 通号 23 1988-06-01 65-71詳細
築田 哲雄 (著)聖道・外教釈の課題真宗学 通号 80 1989-03-15 63-83詳細
毛織 光澄 (著)真仏弟子の研究龍谷大学大学院研究紀要 通号 10 1989-03-22 148-151詳細
天岸 浄円 (著)宗祖における護持、護念の意義について龍谷教学 通号 25 1990-06-01 59-70詳細
西河 雅人 (著)蓮師教学に見る常行大悲の現実的意義龍谷教学 通号 25 1990-06-01 9-20詳細
藤原 正寿 (著)清沢満之に於ける宗教的実践とその意義について親鸞教学 通号 60 1992-10-30 46-59詳細
三宅 英人 (著)真仏弟子大谷大学大学院研究紀要 通号 9 1992-12-01 59-79詳細
江上 浄信 (著)善知識の意義親鸞教学 通号 61 1993-01-30 1-18詳細
権藤 正信 (著)無上仏道の開顕大谷大学大学院研究紀要 通号 10 1993-12-01 29-47詳細
徳永 道雄 (著)親鸞聖人の真仏弟子釈における伝道的立場真宗学 通号 91/92 1995-03-17 351-362詳細
徳永 道雄 (著)親鸞聖人の真仏弟子釈における伝道的立場真宗学 通号 91/92 1995-03-17 351-362詳細
玉木 興慈 (著)親鸞における獲信者の研究印度学仏教学研究 通号 88 1996-03-20 176-178詳細
大神 栄治 (著)深信自身大谷大学大学院研究紀要 通号 13 1996-12-01 23-42詳細
玉木 興慈 (著)親鸞思想における獲信者の意味龍谷大学大学院研究紀要 通号 18 1997-01-20 15-30(L)詳細
中西 智海 (著)親鸞聖人の信心構造と業・宿業教学研究所紀要 通号 5 1997-03-31 311-340詳細
普賢 晃寿 (著)真宗者の人間像親鸞教学論叢:村上速水先生喜寿記念 通号 1997-05 255-275(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage