INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 般舟 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
般舟般 (術語) (...)  Paśya (Passa) (術語) (...)  超勝性 (文献) (...)  四種三昧 (文献) (...) 
-- 411 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
武邑 尚邦 (著)往生思想の系譜真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 4 1959-09-30 96-109詳細
香川 孝雄 (著)般舟三昧経における念仏仏教論叢 通号 8 1960-03-15 78-79(R)詳細
名畑 崇 (著)浄土教に於ける啓示の問題宗教研究 通号 162 1960-03-15 5-6(R)詳細
堤 玄立 (著)宗祖の現世利益観真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 6 1961-09-30 55-64詳細
色井 秀譲 (著)阿弥陀経成立の浄土教的意義叡山学報 通号 22 1961-12-20 12-21詳細
香川 孝雄 (著)「称名」の原語について仏教論叢 通号 9 1962-03-27 116-120(R)詳細
安藤 俊雄 (著)廬山慧遠の禅思想慧遠研究 通号 1962-03-30 249-285(R)詳細
香川 孝雄 (著)カダリック出土Bhadrapāla-sūtraの梵文断簡について印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 199-203詳細
河波 昌 (著)観経神秘主義の形而上学的基盤(特に見仏の問題を中心として)印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 122-123詳細
普賢 晃寿 (著)往生要集に於ける般舟三昧の展開龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 1 1962-06-15 125-128詳細
色井 秀譲 (著)阿弥陀経の成立について天台学報 通号 5 1962-10-29 30-49詳細
色井 秀譲 (著)般舟三昧経の成立について印度学仏教学研究 通号 21 1963-01-15 203-206詳細
中川 善教 (著)安養子報化の事密教文化 通号 64/65 1963-10-30 104-115(R)詳細
石田 慶和 (著)日本浄土教と神秘主義の問題(二)宗教研究 通号 177 1964-01-31 31-32(R)詳細
色井 秀譲 (著)般舟三昧と浄土教印度学仏教学研究 通号 23 1964-01-31 174-177詳細
三輪 亮明 (著)分身説法に就いて西山禅林学報 通号 9 1964-02-17 16-22詳細
光森 正士 (著)造像から見た常行堂の本尊阿弥陀仏像について龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 3 1964-06-20 179-184詳細
林 碩聞 (著)南都教学に対する法然の受容的態度東海仏教 通号 9/10 1964-10-01 29-41詳細
芳村 修基 (著)大乗戒の諸問題仏教学研究 通号 21 1964-10-30 1-22詳細
稲垣 真哲 (著)廻向心の法門西山禅林学報 通号 10 1965-04 2-10詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage