INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 陳那 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
法称 (人物) (...)  Dignāga (人物) (...)  仏教論理学 (分野) (...)  仏教論理 (分野) (...)  ディグナーガ (人物) (...)  世親 (人物) (...)  集量論 (文献) (...)  論理学 (分野) (...)  唯識 (分野) (...)  インド仏教 (分野) (...) 
-- 135 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(一)仏書研究 通号 38 1918-02-20 4-6(R)詳細
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(二)仏書研究 通号 39 1918-03-20 1-3(R)詳細
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(三)仏書研究 通号 40 1918-04-20 1-5(R)詳細
富貴原 章信 (著)唯識四分説に於ける若干の問題に就て大谷学報 通号 59 1935-10-10 96-119(R)詳細
方便心論と正理経とに現はれたる論理思想の比較仏教学論叢 通号 1 1936-03 34-64(R)詳細
林 彦明 (著)因明正理門論本解題日華仏教研究会年報 通号 4 1940-10-05 204-231詳細
山口 益 (著)中観派に於ける中観説の綱要書大谷大学研究年報 通号 2 1943-03-20 69-152詳細
坂本 幸男 (著)極微論中山文化研究所紀要 通号 5 1945-09 173-226(R)詳細
泰本 融 (著)宇井伯寿『東洋の論理』宗教研究 通号 126 1951-06-30 27-28詳細
辻 直四郎 (著)マートリチェータ作一百五十讃の新出版について東洋学報 通号 1951-10-15 85-87詳細
武邑 尚邦 (著)集量論研究序説仏教学研究 通号 6 1951-12-25 32-45詳細
月輪 賢隆 (著)普賢行願讃の註疏(竜樹・世親・陳那・厳賢)東洋学論叢:小西・高畠・前田三教授頌壽記念 通号 1952-02 265-294詳細
武邑 尚邦 (著)仏教論理学の性格龍谷大学論集 通号 345 1952-12-10 181-190詳細
伊原 照蓮 (著)陳那に於ける言語と存在の問題哲学年報 通号 14 1953-02-25 481-507詳細
伊原 照蓮 (著)陳那の言語観印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 156-157詳細あり
山口 恵照 (著)新因明論式の成立根據について印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 237-239詳細あり
武邑 尚邦 (訳)西蔵訳因輪決択頌の訳解仏教学研究 通号 8/9 1953-08-15 100-110詳細
服部 正明 (著)仏教論理学派の現量説に関する一考察印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 123-124詳細
泰本 融 (著)世間的真理の救護印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 222-225詳細
蒔田 徹 (著)陳那学派二量説の一断面印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 75-87(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage