INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 三性 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
三無性 (術語) (...)  阿頼耶識 (術語) (...)  五法 (術語) (...)  摂大乗論 (文献) (...)  二諦 (術語) (...)  依他起性 (術語) (...)  偏計所執 (術語) (...)  円成実性 (術語) (...)  三身 (術語) (...)  虚妄分別 (術語) (...) 
-- 397 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
袴谷 憲昭 (訳)弥勒請問章和訳駒沢大学仏教学部論集 通号 6 1975-10 1-21(L)詳細
竹村 牧男 (著)仮設の所依について印度学仏教学研究 通号 47 1975-12-25 207-212詳細
神谷 信明 (著)三性説について印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 215-218詳細
竹村 牧男 (著)『成唯識論』の遍計所執性印度学仏教学研究 通号 51 1977-12-31 369-372詳細
岩田 良三 (著)三性説におけるlakṣaṇa,svabhāva,niḥsvabhāvaについて印度学仏教学研究 通号 52 1978-03-20 136-139(L)詳細
竹村 牧男 (著)陳那と三性説印度学仏教学研究 通号 53 1978-12-31 226-229詳細
松本 史朗 (著)Dharmapālaの二諦説印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 184-185詳細
松田 和信 (著)菩薩地所説のānulomikopāyaについて印度学仏教学研究 通号 56 1980-03-31 142-143詳細
赤尾 栄慶 (著)法蔵の華厳三性説について印度学仏教学研究 通号 56 1980-03-31 160-161詳細
赤尾 栄慶 (著)法蔵における空観印度学仏教学研究 通号 58 1981-03-31 118-119詳細
菅原 泰典 (著)弥勒の原意と世親の改変印度学仏教学研究 通号 65 1984-12-25 66-68(L)詳細
後藤 康夫 (著)観理の『唯識義私記』について印度学仏教学研究 通号 68 1986-03-25 78-81詳細
飯田 昭太郎 (著)Who best can re-turn the Dharma-cakra ?印度学仏教学研究 通号 68 1986-03-25 11-18(L)詳細
岩田 諦静 (著)真諦訳の『摂大乗論世親釈』における三性説について(上)法華文化研究 通号 13 1987-03 25-48詳細
岩田 諦静 (著)真諦訳の『摂大乗論世親釈』における三性説について(下)法華文化研究 通号 15 1989-03 25-48詳細
大竹 晋 (著)散逸部分を中心とした法蔵『密厳経疏』の研究宗教学・比較思想学論集 通号 1 1998-12 19-31(L)詳細
ケサン ツルティム (著)『弥勒請問章』と初期唯識文献の三性説印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 180-186(L)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage