INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: パダールタ [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
有の普遍 (術語) (...)  本質存在 (術語) (...)  サプタパダールティー (文献) (...)  真実智 (術語) (...) 
-- 25 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
慧月とプラシャスタパーダ東洋文化論集:福井博士頌寿記念 通号 1969-12-10 273-285(R)詳細
北條 賢三 (著)勝論学派の解脱説大正大学研究紀要 通号 56 1971-03-16 19-55(R)詳細
神子上 恵生 (著)金倉円照著『インドの自然哲学』仏教学研究 通号 28 1972-03-31 54-58(R)詳細
中村 元 (著)ヴァイシェーシカ学派の原典三康文化研究所年報 通号 10/11 1979-03-30 1-316詳細
野沢 正信 (著)Anadhyavasitaとanyatarāsiddha東海仏教 通号 29 1984-05-31 100-110(L)詳細
野沢 正信 (著)Acākṣuṣapratyakṣatva印度学仏教学研究 通号 65 1984-12-25 44-47(L)詳細
服部 正明 (著)ヴァイシェーシカ学派の自然哲学インド思想1 / 岩波講座東洋思想 通号 5 1988-03-28 172-196(R)詳細
和田 壽弘 (著)ヒンドゥー実在論哲学の世界の構造と周期曼荼羅と輪廻 通号 1993-12-03 153-172(R)詳細
大網 功 (著)インド運動論の原典翻訳II東洋学研究 通号 31 1994-03-31 103-132(L)詳細
野沢 正信 (著)ヴァイシェーシカ・スートラの二つの層インド思想史研究 通号 7 1995-03-25 72-84(L)詳細
大網 功 (著)ヴァイシェーシカ学派における「<世界の>創造と破壊」の原典翻訳I東洋学研究 通号 32 1995-03-30 1-22(L)詳細
菱田 邦男 (著)『サプタパダールティー』における言葉と物愛知学院大学文学部紀要 通号 26 1996-01 45-53詳細
和田 寿弘 (著)インド自然哲学における自我マンダラ宇宙論 通号 1996-09-30 68-86(R)詳細
和田 寿弘 (著)菱田邦男著『インド自然哲学の研究』東海仏教 通号 42 1997-03-31 77-81詳細
野沢 正信 (著)村上真完著『インドの実在論』印度哲学仏教学 通号 13 1998-10-30 359-360詳細
野沢 正信 (著)ヴァイシェーシカ学説における分離について印度哲学仏教学 通号 14 1999-10 112-130詳細
野沢 正信 (著)ニヤーヤ学派に言及される初期ヴァイシェーシカ学派の輪廻説印度哲学仏教学 通号 15 2000-10-30 114-130詳細
和田 壽弘 (著)インド自然哲学における解脱癒しと救い――アジアの宗教的伝統に学ぶ 通号 2001-01 135-153(R)詳細
和田 壽弘 (著)ヴァイシェーシカ哲学の体系『大智度論』の総合的研究――その成立から中国仏教への影響まで 通号 2003-03-31 63-69(L)詳細
菅沼 晃 (著)私の研究と東洋大学東洋学論叢 通号 30 2005-03-30 20-38 (R)詳細-
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage