INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: ホスピス [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
ビハーラ (術語) (...)  ターミナルケア (術語) (...)  ターミナル・ケア (術語) (...)  緩和ケア (術語) (...)  ビハーラ活動 (術語) (...)  日本仏教 (分野) (...)  社会問題 (術語) (...)  信仰教学 (術語) (...)  親鸞 (人物) (...)  覚鑁 (人物) (...) 
-- 65 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
川畑 愛義 (著)精神衛生と福祉佛教福祉 通号 9 1983-01-25 26-51(R)詳細
藤井 正雄 (著)安楽死-東と西比較思想研究 通号 10 1984-03-20 32-37(R)詳細あり
田宮 仁 (著)仏教のホスピス運動について佛教福祉 通号 13 1987-03-30 95-97(R)詳細
池見 澄隆 (著)日本人の生死と仏教真宗教学研究 通号 11 1987-11-23 1-13詳細
小泉 敬信 (共著); 戸田 善育 (共著); 山折 哲雄 (共著)いま、若手僧侶はこう考える季刊仏教 通号 2 1988-01-25 133-150(R)詳細
小林 孝明 (著)飛騨高山における「生と死を考える会」教化研修 通号 31 1988-03-31 274-277(R)詳細
若林 一美 (著)死の教育と信仰教化研修 通号 31 1988-03-31 52-75(R)詳細
川口 高風 (著)浄土教における死の受容と超越同朋仏教 通号 23 1988-07-01 21-60(R)詳細
川畑 愛義 (著)死をめぐっての医学と仏教仏教思想 通号 10 1988-09-01 403-460詳細
木村 尚三郎 (共著); 村上 陽一郎 (共著)現代において死をどう思索するか季刊仏教 通号 6 1989-01-20 20-40(R)詳細
中川 米造 (著)死学季刊仏教 通号 6 1989-01-20 50-58(R)詳細
小林 真鏡 (著)ホスピスの一考察教化研修 通号 32 1989-03-31 199-202詳細
デーケン アルフォンス (著)宗教は死を癒すものとなり得るか季刊仏教 通号 9 1989-10-15 86-92(R)詳細
奈倉 道隆 (著)医療における人間性の回復と仏教思想龍谷大学論集 通号 434/435 1989-11-25 811-822詳細
教化学の基本的課題現代密教 通号 2 1990-03-31 234-250詳細
水谷 浩志 (著)デスエデュケイションの役割と課題仏教論叢 通号 33 1990-09-06 145-148(R)詳細
松田 正己 (著)イスラムと仏教における死の受用比較思想研究 通号 17 1991-01-31 118-122(R)詳細
長谷雄 文彰 (著)臨終行儀における身体処置法印度学仏教学研究 通号 78 1991-03-20 301-303詳細
長谷雄 文彰 (著)看取りにおける隔離について印度学仏教学研究 通号 80 1992-03-20 287-290詳細
小室 裕充 (著)仏教と社会 ―その一―現代密教 通号 4 1992-03-31 106-123詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage