INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: ラトナーヴァリー [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
ナーガールジュナ (人物) (...)  十住毘婆沙論 (文献) (...)  大乗涅槃経 (文献) (...)  アジタミトラ (人物) (...)  ラトナーヴァリーティーカー (文献) (...)  宝行王正論 (文献) (...)  訳経 (術語) (...)  根本説一切有部律 (文献) (...)  十誦律 (文献) (...)  空七十論 (文献) (...) 
-- 17 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
和田 秀夫 (著)ラトナーヴァリーRatnāvalīの内容概観大谷学報 通号 89 1942-09-25 20-57詳細
新井 弘順 (著)ラトナーヴァリーにおける刑罰論について仏教学会報 通号 2 1969-11-30 23-28(R)詳細
宮坂 宥勝 (著)梵蔵漢対照ラトナーヴァリー(宝行王正論)龍樹教学の研究 通号 1983-02-28 421-514(R)詳細
山本 伸裕 (著)龍樹の描く自性観念形成プロセス宗教研究 通号 315 1998-03-30 204-205(R)詳細
桜井 智浩 (著)Ratnāvalīにおけるarthatasについて大谷大学大学院研究紀要 通号 16 1999-12-01 21-44(L)詳細
岡田 行弘 (著)ナーガールジュナと仏塔崇拝印度学仏教学研究 通号 96 2000-03-20 77-82(L)詳細
岡田 行弘 (著)環境問題に対する仏教思想の有効性仏教と環境:立正大学仏教学部開設50周年記念論文集 通号 2000-03-31 225-240(R)詳細
岸根 敏幸 (著)ナーガールジュナとチャンドラキールティ印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 289-292詳細
岡田 行弘 (著)ナーガールジュナの『菩提資糧論』仏教思想仏教史論集:田賀龍彦博士古稀記念論集 通号 2001-03-09 117-131(L)詳細
袴谷 憲昭 (著)グレゴリー・ショペン著 小谷信千代訳 『大乗仏教興隆時代・インドの僧院生活』仏教学セミナー 通号 73 2001-05-30 72-86詳細
岡田 行弘 (著)漢訳仏典研究序説東アジア仏教――その成立と展開:木村清孝博士還暦記念論集 通号 2002-11-16 47-64詳細
石飛 道子 (著)『方便心論』の作者について印度哲学仏教学 通号 19 2004-10-30 90-105(R)詳細
斎藤 明 (著)学問の思い出東方学 通号 117 2009-01-31 217-251(R)詳細
太田 蕗子 (著)チャンドラキールティの仏身論印度学仏教学研究 通号 119 2009-12-20 139-143(L)詳細
太田 蕗子 (著)『入中論』の菩薩階梯における滅尽定仏教学セミナー 通号 96 2012-12-30 51-80(L)詳細
小島 岱山 (著)チャンドラキールティ著『入中論』における菩薩の十地思想印度学仏教学研究 通号 131 2013-12-20 130-133(L)詳細あり
横山 裕明 (著)金剛乗根本堕罪について大正大学綜合仏教研究所年報 通号 41 2019-03-31 320-321(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage