INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 三心義 [SAT] [ DDB ] 三心义 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
法然 (人物) (...)  和語灯録 (文献) (...)  略本選択集 (文献) (...)  法語十八条 (文献) (...)  逆修説法 (文献) (...)  十七条御法語 (文献) (...)  法語十八条第十五条 (文献) (...)  内外相応 (術語) (...)  真実心 (術語) (...) 
-- 31 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
柳原 秀徹 (著)元祖及び門下の三心一心論に於ける回向発願心の取扱い(昭和三十二年度)宗学院論集 通号 40 0001 186-194詳細
石田 充之 (著)隆寛律師教義の概要龍谷学報 通号 316 1936-10 47-79詳細
石田 充之 (著)隆寛律師教義の概要龍谷学報 通号 318 1937-07 77-94詳細
戸松 憲千代 (著)安井広度、法然聖人門下の教学大谷学報 通号 70 1938-06-01 169-173詳細
藤堂 恭俊 (著)法然上人の至誠心釈について仏教文化研究 通号 21 1975-10-15 95-123(R)詳細あり
色井 秀譲 (著)隆寛律師における善導至誠心釈の理解天台学報 通号 17 1975-11-08 33-38詳細
坪井 俊映 (著)悪人往生の系譜について仏教研究論集:橋本博士退官記念 通号 1975-11-20 545-558詳細
矢田 了章 (著)隆寛における人間の研究真宗学 通号 54 1976-02-25 24-45詳細
石田 充之 (著)金沢文庫蔵隆寛律師遺著『具三心義』本文と解説宗学院論輯 通号 25 1976-03-15 151-193詳細
石田 充之 (著)金沢文庫蔵隆寛律師遺著『具三心義』本文と解説(続キ)宗学院論輯 通号 27 1976-03-15 192-215詳細
森脇 一掬 (著)法然上人の相承論に於ける特異性宗学院論輯 通号 33 1976-03-15 168-178詳細
清岡 隆文 (著)隆寛教学の考察真宗研究会紀要 通号 10 1978-03 1-15詳細
田代 俊孝 (著)親鸞教学の生成をめぐる一視点親鸞教学 通号 35 1979-11-20 69-81詳細
紅楳 英顕 (著)親鸞における「三心既具无行不成」について印度学仏教学研究 通号 58 1981-03-31 316-319詳細
広川 堯敏 (著)善導・深心釈をめぐる対論三康文化研究所年報 通号 18 1986-03-30 39-67詳細
広川 尭敏 (著)法然門流における至誠心釈の展開印度学仏教学研究 通号 69 1986-12-25 201-206詳細
山下 勝一 (著)他力廻向論の研究龍谷大学大学院研究紀要 通号 10 1989-03-22 124-127詳細
永井 隆正 (著)五番相対の成立過程印度学仏教学研究 通号 82 1993-03-25 102-106詳細
那須 一雄 (著)隆寛における三心と行印度学仏教学研究 通号 83 1993-12-25 75-77詳細あり
那須 一雄 (著)法然とその門下における善導・至誠心釈の解釈龍谷大学大学院研究紀要 通号 16 1995-01-20 33-48(L)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage