INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 二乗作仏 [SAT] 二乗作佛 [SAT] 二乘作仏 [SAT] 二乘作佛 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
久遠実成 (術語) (...)  法華経 (文献) (...)  三乗 (術語) (...)  十大弟子 (術語) (...)  仏乗 (術語) (...)  正因 (術語) (...)  開示悟入 (術語) (...)  久遠実成の本仏 (術語) (...)  後五百歳 (術語) (...)  小善成仏 (術語) (...) 
-- 39 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
富木 尭広 (著)日蓮聖人の法華経観大崎学報 通号 59 1921-02-10 58-63詳細
清水 竜山 (著)法華経の教義と聖日蓮大崎学報 通号 59 1921-02-10 50-58詳細
長井 辨順 (著)二乗作仏に就いて大崎学報 通号 97 1950-06-20 175-177(R)詳細
浅井 圓道 (著)ケルン氏の法華経観(その一)大崎学報 通号 101 1954-07-07 59-61(R)詳細
上田 本昌 (著)法華経の二乗作仏と平等説に就いて大崎学報 通号 101 1954-07-07 61-63(R)詳細
六浦 教乗 (著)大乗無量寿荘厳経考宗教研究 通号 177 1964-01-31 81-83(R)詳細
村中 祐生 (著)嘉祥大師「二蔵」義の成立考南都仏教 通号 22 1969-01-31 35-54(R)詳細
有賀 要延 (著)法華経における仏性思想の内在性印度学仏教学研究 通号 39 1971-12-31 337-341詳細
勝呂 信静 (著)法華経の一乗思想インド思想と仏教:中村元博士還暦記念論集 通号 1973-11 -詳細
仏の使い日蓮聖人の伝記と思想 通号 1975-07-10 101-121(R)詳細
小松 邦彰 (著)日蓮聖人引用経典の一考察〔研究年報〕日蓮とその教団 通号 3 1978-04-28 97-124(R)詳細
アビダルマ仏教における声聞成仏論と法華経法華経の思想と基盤:法華経研究 通号 8 1980-02 281-322(R)詳細
関戸 尭海 (著)日蓮聖人と涅槃経印度学仏教学研究 通号 65 1984-12-25 235-238詳細
菅野 博史 (著)吉蔵における法華経と仏性東方 通号 2 1986-11-17 83-91(L)詳細
奥野 光賢 (著)吉蔵の声聞成仏について印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 60-62詳細
宮崎 英修 (著)『法華学報』の創刊を祝す法華学報 通号 1 1989-11-13 213-214詳細
桑谷 祐顕 (著)伝教大師における二乗作仏の問題天台学報 通号 33 1991-10-16 106-110(R)詳細
寺井 良宣 (著)法宝の唯識思想批判の考察仏教学研究 通号 48 1992-03-31 1-25(L)詳細
望月 良晃 (著)『法華経』から『大乗涅槃経』へ法華経の受容と展開:法華経研究 通号 12 1993-10-10 423-450(R)詳細
渡辺 寶陽 (著)日蓮聖人の法華経観の基盤法華経の受容と展開:法華経研究 通号 12 1993-10-10 711-727(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage