INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 代受苦 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
錐鑽不動 (術語) (...)  身代り (術語) (...)  放生 (術語) (...)  普現行 (術語) (...)  菩薩行 (術語) (...)  諏訪神 (術語) (...)  社領支配 (術語) (...)  慈悲の実践 (術語) (...)  免罪 (術語) (...)  悪業 (術語) (...) 
-- 22 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
金子 大栄 (著)受苦と随喜と尊重仏教 / 現代日本思想大系 通号 7 1965-05-25 197-211(R)詳細
岡 邦俊 (著)代受苦について宗教研究 通号 214 1973-03-31 85-86(R)詳細
田中 千秋 (著)代受苦のこと密教学会報 通号 14 1975-03-21 38-41(R)詳細
田村 芳朗 (著)代受苦仏教思想 通号 5 1980-08-20 317-334詳細
峰島 旭雄 (著)西洋諸思想の苦観と仏教の「苦」仏教思想 通号 5 1980-08-20 463-484詳細
高木 豊 (著)『涅槃経』と日蓮鎌倉仏教史研究 通号 1982-07-23 150-174(R)詳細
陳 永裕(本覚) (著)『華厳経』十回向品の考察韓國佛敎學SEMINAR 通号 2 1986-12-25 50-68(L)詳細
---- ---- (著)菩薩道を生きる季刊仏教 通号 8 1989-07-15 127-129(R)詳細
吉原 健雄 ()『諏訪大明神画詞』試論日本思想史研究 通号 23 1991-03-25 1-12(R)詳細
八力 広喜 (著)田村芳朗仏教学論集全二巻 第一巻『本覚思想論』第二巻『日本仏教論』印度哲学仏教学 通号 6 1991-10-30 381-382詳細
塚田 晃信 (著)『撰集抄』覚鑁上人説話について興教大師覚鑁研究:興教大師八百五十年御遠忌記念論集 通号 1992-12-12 533-550詳細
中村 元 (著)興教大師における懺悔興教大師覚鑁研究:興教大師八百五十年御遠忌記念論集 通号 1992-12-12 27-40詳細
中村 生雄 (著)肉食と蛇身季刊仏教 通号 25 1993-10-20 88-98(R)詳細
橘 信雄 (著)興教大師の代受苦思想豊山教学大会紀要 通号 21 1993-12-12 273-287詳細
橘 信雄 (著)興教大師の代受苦思想智山学報 通号 56 1993-12-12 273-287(R)詳細
田村 円澄 (著)盧遮那仏造立前史南都仏教 通号 76 1999-02-25 1-37(R)詳細
庵谷 行亨 (著)日蓮聖人の代受苦思想東アジア仏教の諸問題:聖厳博士古稀記念論集 通号 2001-03-20 265-281詳細
阿部 泰郎 (著)仏教文学としての『とはずがたり』駒沢大学仏教文学研究 通号 7 2004-03-31 45-62(L)詳細
渋沢 光紀 (著)不軽菩薩の他者と主体福神 通号 10 2004-12-21 165-186(R)詳細
野村 伸一 (著)祭祀芸能史からみた目連戯東アジアの祭祀伝承と女性救済――目連救母と芸能の諸相 通号 2007-08-30 35-56(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage