INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 依他起 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
遍計所執 (術語) (...)  一切衆生悉有仏性 (術語) (...)  円成実 (術語) (...)  一切法 (術語) (...)  正智 (術語) (...)  所取能取 (術語) (...)  未了義 (術語) (...)  相無自性 (術語) (...)  三性説 (術語) (...)  真実性 (術語) (...) 
-- 103 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
遠藤 一雄 (著)分別苦取捨苦顕真学報 通号 3 1931-03-10 105-127(L)詳細
伊藤 高順 (著)依他起性を中心として見たる唯識思想の考察駒沢大学仏教学会年報 通号 3 1933-05 99-123詳細
長尾 雅人 (著)仏教的主体性について印度学仏教学研究 通号 1 1952-07-20 49-54詳細あり
長沢 実導 (著)vijñaptiとvijñāna印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 162-163詳細あり
安井 広済 (著)依他起性における雑染と清浄の問題印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 242-244詳細
山崎 次彦 (著)三性論の論理印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 245-248詳細
近藤 徹称 (著)三性についての一考察仏教論叢 通号 4 1956-03-05 76-79(R)詳細
小川 弘貫 (著)依他起性の考察印度学仏教学研究 通号 9 1957-01-25 142-143詳細
酒井 得元 (著)正法眼蔵仏性の巻研究序説駒沢大学研究紀要 通号 17 1959-03 97-110詳細
酒井 得元 (著)正法眼蔵仏性の巻研究序説駒沢大学研究紀要 通号 17 1959-03 97-110詳細
武内 紹晃 (著)三性に於ける真実印度学仏教学研究 通号 14 1959-03-30 79-88詳細
金岡 秀友 (著)シャーンティデーヴァの神秘主義宗教研究 通号 166 1961-01-15 26-26(R)詳細
守本 順一郎 (著)仏教(上)思想 通号 450 1961-12-05 96-112詳細
荒牧 典俊 (著)摂大乗論の依他起性インド学試論集 通号 4/5 1963-10-10 29-67詳細
武内 紹晃 (著)虚妄分別と意言宗教研究 通号 186 1965-10-31 73-74(R)詳細
武内 紹晃 (著)唯識修道に於ける虚妄分別と意言仏教学研究 通号 23 1966-01-30 29-43詳細
荒牧 典俊 (著)paratantrasvabhāva(1)印度学仏教学研究 通号 30 1967-03-31 40-54(L)詳細
葉 阿月 (著)中辺分別論相品における依他起性説から見たvijñānaについて印度学仏教学研究 通号 31 1967-12-25 179-183詳細
荒牧 典俊 (著)paratantrasvabhāva(Ⅰ)印度学仏教学研究 通号 32 1968-03-31 29-41(L)詳細
北川 秀則 (著)svabhāvaに対する一考察印度学仏教学研究 通号 32 1968-03-31 69-75(L)詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage