INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 円機 [SAT] 圓機 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
法華一乗 (術語) (...)  顕戒論 (文献) (...)  愚狂 (術語) (...)  法華文句記 (文献) (...)  円教 (術語) (...)  法華経 (文献) (...)  時期観 (術語) (...)  円戒 (術語) (...)  即身成仏 (術語) (...)  像末 (術語) (...) 
-- 23 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
武田 賢寿 (著)伝教大師の戒律思想に就ての一考察日本仏教学会年報 通号 21 1956-03 219-234詳細
竹田 暢典 (著)伝教大師の機類観印度学仏教学研究 通号 26 1965-03-31 238-243詳細
平 了照 (著)伝教大師最澄の円機已熟説について印度学仏教学研究 通号 27 1965-12-25 122-123詳細
桑谷 祐弘 (著)伝教大師の円機已熟説について天台学報 通号 8 1967-01-31 36-39(R)詳細
吉沢 道人 (著)「依憑天台集」について天台学報 通号 14 1972-11-15 1-10詳細
浅田 正博 (著)伝教大師最澄における円機已熟思想の検討日本仏教学会年報 通号 49 1984-01 299-316詳細
田村 晃祐 (著)最澄における時・機と行日本仏教学会年報 通号 49 1984-01 247-262詳細
村中 祐生 (著)伝教大師の円機已熟と仏国の理念日本仏教学会年報 通号 49 1984-01 277-298詳細
木内 堯央 (著)伝教大師における円機已熟の論理大正大学研究紀要 通号 72 1986-10-25 55-66詳細
木内 堯央 (著)伝教大師における円機宗教研究 通号 271 1987-03-31 225-226(R)詳細
木内 尭央 (著)「円機已熟、円教遂興」について天台学報 通号 29 1987-10-23 53-60詳細
木内 尭央 (著)伝教大師最澄の仏教と「機」印度学仏教学研究 通号 72 1988-03-25 97-103詳細
浅田 正博 (著)伝教大師の「円機已熟説」再考印度学仏教学研究 通号 76 1990-03-20 1-10詳細あり
大内 尭央 (著)伝教大師仏教の基調天台教学の研究:多田厚隆先生頌寿記念 通号 1990-03-30 305-322(R)詳細
木内 堯央 (著)伝教大師最澄の「円機」宗教研究 通号 287 1991-03-31 218-219(R)詳細
末木 文美士 (著)仏教的世界観とエスノセントリズム日本仏教思想史論考 通号 1993-04-08 94-124(R)詳細
高佐 宣長 (著)最澄に於ける<円>の義について印度学仏教学研究 通号 90 1997-03-20 11-15詳細
村田 昇 (著)伝教大師と日本の心山家学会紀要 通号 3 2000-06-17 53-75(R)詳細
進藤 浩司 (著)最澄における末法思想の受容と展開について印度学仏教学研究 通号 104 2004-03-20 84-87詳細
師 茂樹 (著)麁食和上必当作仏印度学仏教学研究 通号 104 2004-03-20 88-93詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage