INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 十大願 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
誓願 (術語) (...)  発願 (術語) (...)  華厳経 (文献) (...)  普賢 (術語) (...)  十地経 (文献) (...)  誓願観 (術語) (...)  千手陀羅尼 (術語) (...)  四十八願 (術語) (...)  十願発心記 (文献) (...)  阿弥陀仏 (術語) (...) 
-- 21 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
干潟 竜祥 (著)菩薩の総願について印度哲学と仏教の諸問題:宇井伯寿博士還暦記念論文集 通号 1951-12-15 423-448(R)詳細
高峯 了州 (著)普賢行願品解釈の問題南都仏教 通号 1 1954-11-03 13-26詳細
普賢 晃寿 (著)往生要集の成立背景真宗学 通号 38 1968-01-31 19-46詳細
平野 修 (著)菩提心について仏教学セミナー 通号 12 1970-10-30 46-58(R)詳細
佐藤 哲英 (著)千観内供の研究宗学院論輯 通号 30 1976-03-15 1-65詳細
袴谷 憲昭 (訳)Dharmasaṃgraha和訳(I)駒沢大学仏教学部論集 通号 10 1979-11 1-23(L)詳細あり
塩入 良道 (著)密教の経軌における五悔大乗仏教から密教へ:勝又俊教博士古稀記念論集 通号 1981-09-20 747-767(R)詳細
奈良 弘元 (著)千観の事績について宗教研究 通号 250 1982-02-20 209-210(R)詳細
大南 龍昇 (著)十地経の誓願説仏教文化研究 通号 29 1984-03-15 121-135 (R)詳細あり
林 賢司 (著)『十地経』における願の一考察印度学仏教学研究 通号 64 1984-03-25 154-155詳細
武内 紹晃 (著)世親浄土論における五念門密教文化 通号 161 1988-01-21 15-35(R)詳細
道元 徹心 (著)親鸞における普賢の徳の思想基盤について印度学仏教学研究 通号 73 1988-12-15 165-167詳細
末木 文美士 (著)平安期浄土教への一視点日本仏教思想史論考 通号 1993-04-08 248-254(R)詳細
松長 有慶 (著)五悔の系譜密教大系 通号 9 1994-11-30 257-271詳細
鍵主 良敬 (著)『華厳経』における菩薩の願日本仏教学会年報 通号 60 1995-05-25 179-192詳細
柴崎 照和 (著)明恵と普賢行願印度学仏教学研究 通号 93 1998-12-20 236-239詳細
呂 淑玲 (著)四明知礼の誓願観印度学仏教学研究 通号 96 2000-03-20 32-34詳細
中御門 敬教 (著)普賢十大願、浄土思想、科文を介した 〈普賢行願讃〉 理解浄土宗学研究 通号 30 2004-03-31 1-40 (L)詳細
吉田 剛 (著)華厳の礼懺日本仏教学会年報 通号 70 2005-09-25 31-45詳細
金 浩星 (著)伽範達摩訳本『千手経』に見られる思想印度学仏教学研究 通号 107 2005-12-20 23-29(L)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage