INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 命根 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
寿 (術語) (...)  末那識 (術語) (...)  アートマン (術語) (...)  留寿行論 (術語) (...)  留寿行動 (術語) (...)  生命 (術語) (...)  生死輪廻 (術語) (...)  摂一切有部 (術語) (...)  勢用 (術語) (...)  二十二根 (術語) (...) 
-- 24 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
伊藤 高順 (著)命根と阿頼耶識との関係に就て駒沢大学仏教学会年報 通号 1936-03-28 62-86詳細あり
水野 弘元 (著)心不相応法について駒沢大学研究紀要 通号 14 1956-03 30-59詳細
水野 弘元 (著)心不相応法について駒沢大学研究紀要 通号 14 1956-03-30 30-59詳細
西 義雄 (著)仏教の草木成仏観と生命科学東洋学研究 通号 16 1982-03-31 1-20詳細
小川 宏 (著)留寿行論考印度学仏教学研究 通号 69 1986-12-25 50-53詳細
中野 東禅 (著)脳死・臓器移植に対する仏教的視点教化研修 通号 32 1989-03-31 38-51詳細
平田 精耕 (著)虚堂録を読む11禅文化 通号 133 1989-07-25 83-88(R)詳細
両瀬 渉 (著)仏教思想からみた生命観印度哲学仏教学 通号 4 1989-10-30 154-159詳細
加藤 宏道 (著)アビダルマ仏教における生命観日本仏教学会年報 通号 55 1990-05-25 33-52詳細
竹内 真道 (著)『成唯識論』における凡夫の死について仏教論叢 通号 36 1992-09-08 78-81(R)詳細
北塔 光昇 (著)脳死は「人の死」か印度哲学仏教学 通号 14 1999-10 287-299詳細
中野 東禅 (著)「脳死」と「蚯蚓仏性」の解釈宗学研究 通号 42 2000-03-31 229-234詳細
伊藤 正見 (著)命根と中有東海仏教 通号 47 2002-03-31 38-53(L)詳細
宮下 晴輝 (著)経主に過失は及ばない初期仏教からアビダルマへ:桜部建博士喜寿記念論集 通号 2002-05-20 277-300(L)詳細
北塔 光昇 (著)『倶舎論』における寿について印度哲学仏教学 通号 17 2002-10-30 98-107詳細
桜井 良彦 (著)仏教徒によるVaiśeṣikaの勢用(vega)説批判北陸宗教文化 通号 15 2003-03 61-92(L)詳細
齋藤 滋 (著)初期アビダルマ仏教における「命根」と「寿」印度学仏教学研究 通号 102 2003-03-20 171-175(L)詳細
中御門 敬教 (共著); 藤仲 孝司 (共著)チベットにおける阿弥陀仏信仰の形態佛教大学総合研究所紀要 通号 10 2003-03-25 35-64(L)詳細
齋藤 滋 (著)アビダルマ仏教における命根東海仏教 通号 48 2003-03-31 19-32(L)詳細
藤本 晃 (著)植物に命はあるか?日本仏教学会年報 通号 68 2003-05-20 87-109(L)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage