INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 善珠 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
唯識 (分野) (...)  良遍 (人物) (...)  清弁 (人物) (...)  仲算 (人物) (...)  法相宗 (分野) (...)  大乗法苑義林章 (文献) (...)  慧沼 (人物) (...)  智光 (人物) (...)  護命 (人物) (...)  本願薬師経鈔 (文献) (...) 
-- 44 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
---- ---- (著)法苑義鏡と唯識義章仏書研究 通号 8 1915-04-10 8-10(R)詳細
---- ---- (著)法相小部集解題仏書研究 通号 10 1915-06-10 8-11(R)詳細
---- ---- (著)因明論疏明灯抄并法華略義見聞外二部解題仏書研究 通号 21 1916-07-10 8-9(R)詳細
佐伯 良謙 (著)日本唯識教の建設者善珠仏書研究 通号 22 1916-08-10 7-11(R)詳細
佐伯 良謙 (著)日本唯識教の建設者善珠(二)仏書研究 通号 24 1916-10-10 8-11(R)詳細
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(十)仏書研究 通号 52 1919-04-20 1-5(R)詳細
日下 無倫 (著)善珠僧正の研究仏教研究 通号 2 1920-07-20 99-143(R)詳細
加藤 精神 (著)唯識宗の三時教判を論ず日華仏教研究会年報 通号 2 1937-09-01 235-241詳細
松浦 秀光 (著)大乗法苑義林章の空章の研究支那仏教史学 通号 1942-12-30 87-98詳細
北畠 典生 (著)日本唯識における心分論の文献学的研究仏教学研究 通号 25/26 1968-05-15 51-67(R)詳細
福原 亮厳 (著)ABHIDHARMAKOŚAKĀRIKĀと漢訳倶舎頌龍谷大学論集 通号 389 1969-05-21 113-131詳細
池田 魯参 (著)梵網経略抄の問題宗学研究 通号 14 1972-03-31 99-104(R)詳細
石田 瑞麿 (著)『梵網戒経』の注釈について仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 441-455(L)詳細
太田 久紀 (著)日本唯識研究印度学仏教学研究 通号 41 1972-12-31 254-257詳細
武邑 尚邦 (著)敦煌写本「浄眼の因明書」について印度学仏教学研究 通号 41 1972-12-31 1-5詳細あり
太田 久紀 (著)日本唯識研究駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 31 1973-03 205-219詳細
太田 久紀 (著)日本唯識における四分義の展開南都仏教 通号 30 1973-06-30 30-43詳細
結城 令聞 (著)日本の唯識研究史上における私記時代の設定について印度学仏教学研究 通号 46 1975-03-31 1-5詳細
藤井 元了 (著)惟高親王が日本仏教に与えた影響印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 130-131詳細
名畑 崇 (著)日本古代の戒律受容戒律思想の研究 通号 1981-10 509-528(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage