INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 報化 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
弥陀身土論 (術語) (...)  化法 (術語) (...)  観音補処 (術語) (...)  安養 (術語) (...)  三身 (術語) (...)  真応二身論 (術語) (...)  阿弥陀仏報身説 (術語) (...)  安楽集 (文献) (...) (術語) (...)  報化仏 (術語) (...) 
-- 41 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
三崎 良周 (著)鎌倉期の南都仏教における穢土思想天台学報 通号 3 1961-10-17 34-38詳細
大原 性実 (著)浄土龍谷大学論集 通号 372 1962-11-25 1-17(R)詳細
中川 善教 (著)安養子報化の事密教文化 通号 64/65 1963-10-30 104-115(R)詳細
吉川 昭元 (著)安楽集における報化について真宗学 通号 39 1968-10-31 48-65詳細
金子 寛哉 (著)懐感の浄土観浄土宗学研究 通号 4 1970-03-31 207-248(R)詳細
佐村 隆英 (著)現代仏教教化の一類型教化研修 通号 14 1971-03-31 81-83(R)詳細
鈴木 永城 (著)情報の高度化にともなう人間関係教化研修 通号 14 1971-03-31 48-52(R)詳細
宝田 正道 (共著); 梶原 重道 (共著); 小野 泰博 (共著); 藤堂 俊章 (共著)情報化時代における教化の在り方仏教論叢 通号 16 1972-03-30 203-219(R)詳細
安斎 伸 (著)集団的宗教受容のメカニズムについて宗教研究 通号 226 1976-03-10 48-49(R)詳細
神子上 恵竜 (著)安楽集に顕はれたる如来及び浄土の観念宗学院論輯 通号 31 1976-03-15 136-154詳細
和田 慈照 (著)源信教学における称名念仏の意義龍谷教学 通号 17 1982-06-10 7-19詳細
村上 真瑞 (著)『釈浄土群疑論』における仏身仏土論浄土宗学研究 通号 15/16 1986-03-31 149-179(R)詳細
楠 淳証 (著)日本唯識思想の研究印度学仏教学研究 通号 69 1986-12-25 191-193詳細
佐村 隆英 (著)現代における電話による人生相談とその宗教的意義宗教研究 通号 275 1988-03-31 292-294(R)詳細
楠 淳証 (著)唯識思想と西方願生思想龍谷教学 通号 24 1989-06-01 7-15詳細
浅井 成海 (著)親鸞の化土巻(一)真宗学 通号 82 1990-03-20 1-18詳細
浅井 成海 (著)親鸞の化土巻(一)真宗学 通号 82 1990-03-20 1-18詳細
斉藤 昭道 (著)ニューメディアにおける教化の可能性教化研修 通号 35 1992-03-31 333-339(R)詳細
島薗 進 (著)情報化と宗教思想 通号 817 1992-07-05 189-201詳細
水谷 浩志 (著)情報ネットワーク社会における宗教組織の課題宗教研究 通号 295 1993-03-31 344-345(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage