INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 如来立像 [SAT] 如來立像 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
変形様式 (術語) (...)  過渡期 (術語) (...)  千手観音像 (術語) (...)  仏教美術 (分野) (...)  身体形式 (術語) (...) 
-- 37 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
八世紀後半における木彫発生の背景仏教芸術 通号 54 1964-05-30 17-34(R)詳細
藤堂 恭俊 (著)乗雲の阿弥陀如来立像について仏教論叢 通号 19 1975-10-20 37-45(R)詳細
八尋 和泉 (著)神上寺建長七年銘木造薬師如来坐像について仏教芸術 通号 113 1977-06-30 101-107(R)詳細
紺野 敏文 (著)<快慶新資料・その1> 奈良・安養寺の阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 151 1983-11-30 107-112(R)詳細
齋藤 望 (著)<快慶新資料・その2> 大阪・八葉蓮華寺の阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 151 1983-11-30 113-116(R)詳細
野村 恒道 (著)勢観房源智の親類紀氏について三康文化研究所年報 通号 16/17 1985-03-30 69-98詳細
薄井 和男 (著)滋賀・阿弥陀寺の行快作阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 167 1986-07-30 117-120(R)詳細
齋藤 望 (著)滋賀・円常寺の快慶作阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 167 1986-07-30 115-116(R)詳細
山本 勉 (著)安阿弥様阿弥陀如来立像の展開仏教芸術 通号 167 1986-07-30 64-79(R)詳細
中野 正明 (著)法然の送山門起請文について仏教史学研究 通号 1986-07-31 51-76(L)詳細
柴田 実 (著)勢観房源智の造像勧進の随縁者鷹陵史学 通号 12 1986-12-25 1-7詳細
根立 研介 (著)静岡・新光明寺の阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 183 1989-03-30 118-119(R)詳細
張 洋一 (著)康雲銘の阿弥陀如来立像について仏教芸術 通号 201 1992-04-10 81-102(R)詳細
岩田 茂樹 (著)滋賀・西勝寺の阿弥陀如来立像について仏教芸術 通号 204 1992-09-30 38-58(R)詳細
藤岡 穣 (著)〔口絵解説〕大阪・大円寺蔵 法橋快慶作阿弥陀如来立像仏教芸術 通号 208 1993-05-30 113-116(R)詳細
松原 三郎 (著)隋造像様式成立の一考察仏教芸術 通号 208 1993-05-30 102-112(R)詳細
青木 淳 (著)重源と栄西宗教研究 通号 303 1995-03-31 278-279(R)詳細
林 南壽 (著)法輪寺の創立と木彫像の制作時期について南都仏教 通号 72 1995-11-25 52-74(R)詳細
薄井 和男 (共著); 高野 修 (共著); 有賀 祥隆 (共著)平成七年度 時宗文化財調査報告時宗教学年報 通号 24 1996-03-31 232-254(R)詳細
中野 玄三 (著)神護寺薬師如来立像再論仏教芸術 通号 234 1997-09-30 57-86詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage