INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 影像 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
曼荼羅 (術語) (...)  自性 (術語) (...)  プルシャ (術語) (...)  鏡面 (術語) (...)  kāya (術語) (...)  śrāvakabhūmi (文献) (...)  唯識 (術語) (...)  本尊 (術語) (...)  本質 (術語) (...)  解深密経 (文献) (...) 
-- 45 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
---- ---- (著)親鸞聖人影像の研究仏教学雑誌 通号 1921-11-10 22(R)詳細
S 生 (著)藤原猶雪氏著「親鸞上人真像の研究」を読む仏教学雑誌 通号 1922-03 81-83(R)詳細
三井 淳辯 (著)高田文書の一考察顕真学報 通号 10 1933-06-20 14-38(L)詳細
渡辺 楳雄 (著)原始仏典に於ける奥義書の影像駒沢大学仏教学会学報 通号 9 1939-02-28 113-122詳細
坂本 幸男 (著)初期大乗経典に於ける「三界唯心に」就いて清水龍山先生古稀記念論文集 通号 1940-12-05 456-475(R)詳細
勝呂 昌一 (著)影像門の唯識説と本質(ほんぜつ)の観念印度学仏教学研究 通号 4 1954-03-30 210-212詳細
小林 太市郎 (著)高僧崇拝と肖像の芸術仏教芸術 通号 23 1954-12-25 3-36詳細
長沢 実導 (著)解深密経分別瑜伽品の鏡喩の一問題印度学仏教学研究 通号 14 1959-03-30 252-255詳細
長沢 実導 (著)中観瑜伽派の密教観宗教研究 通号 166 1961-01-15 64-64(R)詳細
望月 信成 (著)法然上人像について浄土学 通号 28 1961-03-30 28-41詳細
裏辻 憲道 (著)法然上人と重源上人仏教文化研究 通号 10 1961-03-31 85-95(R)詳細あり
宮崎 円遵 (著)親鸞伝絵の撰述について印度学仏教学研究 通号 18 1961-03-31 114-120詳細
神子上 恵龍 (著)真宗教団の本尊仏教教団の研究 通号 1968-03-31 448-464(R)詳細
香月 乗光 (著)重源の浄土五祖像将来について印度学仏教学研究 通号 36 1970-03-31 99-106詳細
酒井 真典 (著)マンダラの墨打法について智山学報 通号 34 1971-03-21 49-71(R)詳細
古田 紹欽 (著)宮崎円遵『初期真宗の研究』鈴木学術財団研究年報 通号 8 1972-03-31 100-101詳細
伊藤 秀憲 (著)本質の原語について印度学仏教学研究 通号 41 1972-12-31 134-135詳細あり
本部 円静 (著)般舟三昧経におけるさとりの周辺印度学仏教学研究 通号 49 1976-12-25 158-159詳細
山下 幸一 (著)ヨーガ哲学における認識の構造印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 168-169詳細
勝呂 信静 (著)唯識思想と法華経の交渉法華経の文化と基盤:法華経研究 通号 9 1982-02 157-192詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage