INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 悪人正機説 [SAT] 惡人正機説 [SAT] 悪人正機說 [SAT] 惡人正機說 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
歎異抄 (文献) (...)  悪人正機 (術語) (...)  選択本願念仏集 (文献) (...)  唯信鈔文意 (文献) (...)  本願他力 (術語) (...)  善人 (術語) (...)  顕密体制論 (術語) (...)  悪人 (術語) (...)  悪人往生 (術語) (...)  醍醐本法然上人伝記 (文献) (...) 
-- 82 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
直海 玄洋 (著)親鸞聖人の人間観宗学院論集 通号 40 0001 382-392詳細
二葉 憲香 (著)日本の仏教史研究の方法論的展望龍谷大学論集 通号 343 1952-02-29 78-95(R)詳細
神子上 恵竜 (著)悪人正機説の展開龍谷大学論集 通号 345 1952-12-10 90-100詳細
重松 明久 (著)いわゆる悪人正機説について仏教史学 通号 15 1955-08-25 31-58(R)詳細
黒田 俊雄 (著)鎌倉仏教史研究の課題仏教史学 通号 1956-08-20 81-91(R)詳細
田村 芳朗 (著)悪人正機説と天台本覚思想との関連大崎学報 通号 105 1956-09-13 340-341詳細
佐藤 密雄 (著)教学に対する問題仏教論叢 通号 6 1958-03-10 1-6(R)詳細
松崎 可定 (著)兼信因果の立場について仏教論叢 通号 7 1958-12-15 94-96(R)詳細
神子上 恵竜 (著)悪人正機説について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 4 1959-09-30 229-240詳細
二葉 憲香 (著)親鸞聖人の歴史的位置龍谷大学論集 通号 365 1960-12-16 45-56詳細
藤吉 慈海 (著)浄土教の根本的理解宗教研究 通号 166 1961-01-15 77-77(R)詳細
仁戸田 六三郎 (著)悪について宗教研究 通号 181 1965-03-31 62-63(R)詳細
高橋 弘次 (著)念仏行における倫理性人文学論集 通号 3 1969-09-30 19-32(R)詳細
小林 昭英 (著)悪人正機説印度学仏教学研究 通号 35 1969-12-25 126-127詳細
梶村 昇 (著)悪人正機説の系譜について印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 348-353詳細
広川 堯敏 (著)梶村昇著「法然」浄土宗学研究 通号 5 1971-03-31 231-235(R)詳細
直海 玄洋 (著)真宗における社会倫理の一考察龍谷教学 通号 8 1973-06-30 173-182詳細
玉城 康四郎 (著)古田紹欽著『仏教と文学』鈴木学術財団研究年報 通号 10 1974-05-23 114-117(L)詳細
石田 充之 (著)善導大師の思想の親鸞聖人への影響浄土学 通号 30/35 1977-02-11 459-472詳細
矢田 了章 (著)悪人正機説の成立について(一)真宗学 通号 65 1982-02-27 35-56詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage