INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 戒灌頂 [SAT] [ DDB ] 戒潅頂 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
恵壇両流 (術語) (...)  玄旨潅頂 (術語) (...)  天台智者全肝 (文献) (...)  観心十二部経 (文献) (...)  円戒の道場 (術語) (...)  黒谷法勝寺流 (術語) (...)  戒壇結界法 (術語) (...)  顕密戒一致 (術語) (...)  円頓戒 (術語) (...)  一心戒蔵 (術語) (...) 
-- 25 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
恵谷 隆戒 (著)伝信和尚の研究叡山学報 通号 3 1931-05 1-16(L)詳細
二宮 守人 (著)日本天台における円戒儀則の発達叡山学報 通号 7 1933-11 41-71(L)詳細
石田 瑞麿 (著)中世前期の戒律金沢文庫研究 通号 59 1960-08 1-3詳細
色井 秀譲 (著)黒谷法勝寺流戒潅頂について印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 275-278詳細
中山 清田 (著)昌常院伝修験三昧耶戒道場図について印度学仏教学研究 通号 49 1976-12-25 337-340詳細
納富 常天 (著)鎌倉仏教における最澄伝教大師研究別巻 通号 1980-10 325-344(R)詳細
大久保 良順 (著)重授戒潅頂の興起天台学報 通号 22 1980-11-05 10-17詳細
色井 秀譲 (著)戒灌頂と合掌天台学報 通号 24 1982-11-01 11-17(R)詳細
色井 秀譲 (著)戒潅頂秘書『十六帖口決』について天台学報 通号 25 1982-11-08 19-25詳細
野本 覚成 (著)天台智者大師説『頓超秘密綱要』偽撰の意義印度学仏教学研究 通号 66 1985-03-25 220-223詳細
野本 覚成 (著)中世天台教学研究大正大学綜合仏教研究所年報 通号 7 1985-03-30 153-153(R)詳細
色井 秀譲 (著)重授戒灌頂伝教大師と天台宗 / 日本仏教宗史論集 通号 3 1985-05 297-307(R)詳細
中西 随功 (著)仁空実導の受戒潅頂批判をめぐって西山学報 通号 34 1986-03-30 68-69(R)詳細
野本 覚成 (著)戒灌頂における『観心十二部経義』の意味天台学報 通号 28 1986-10-05 113-118(R)詳細
野本 覚成 (著)最澄の戒潅頂に見られる大乗戒理念印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 185-189詳細
野本 覚成 (著)陰陽道の反閉と戒壇結界印度学仏教学研究 通号 73 1988-12-15 307-309詳細
守屋 茂 (著)道元禅師と叡山教学(一)宗学研究 通号 31 1989-03-31 1-6(R)詳細
野本 覚成 (著)玄旨灌頂の成立と流伝天台学報 通号 33 1991-10-16 58-62(R)詳細
野本 覚成 (著)玄旨灌頂より戒灌頂へ天台思想と東アジア文化の研究:塩入良道先生追悼論文集 通号 1991-12-16 703-724詳細
木村 至宏 (著)天台宗の授戒会仏教民俗学の諸問題 / 仏教民俗学大系 通号 1 1993-03-31 477-483(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage