INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 書写山 [SAT] 書寫山 [SAT] [ DDB ] 书写山 [SAT] 书寫山 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
日本 (地域) (...)  法流 (術語) (...)  阿闍梨 (術語) (...)  比叡山 (術語) (...)  密厳院 (術語) (...)  懺悔 (術語) (...)  室町 (時代) (...)  舎那院 (地域) (...)  円教寺 (地域) (...)  理教院 (地域) (...) 
-- 16 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS ID
和多 昭夫 (著)護法童子密教文化 通号 104 1973-12-20 19-41(R)詳細IB:00015975
佐々木 邦麿 (著)〈仏教史手帖〉播州書写山法流疑考日本仏教史学 通号 13 1978-04-10 36-42詳細IB:00039564
小此木 輝之 (著)播州書写山法流考証印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 315-318詳細IB:00004994
田中 幹子 (著)和泉式部「冥きより」歌の「月」について仏教文学とその周辺 通号 1998-05-30 299-320(R)詳細IB:00050788
津田 徹英 (著)書写山円教寺根本堂伝来滋賀・舎那院蔵薬師如来坐像をめぐって仏教芸術 通号 250 2000-05-30 53-92詳細IB:00034768
水上 文義 (著)日本撰述偽託書に見る法華経曼荼羅の構成印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 169-173詳細IB:00009589
桑原 康年 (著)『密厳院発露懺悔文』の一考察豊山学報 通号 45 2002-06-24 35-46詳細IB:00057551
赤塚 祐道 (著)『密厳院発露懺悔文』について豊山教学大会紀要 通号 30 2002-12-01 207-222詳細IB:00058704
山口 興順 (著)書写山の女人結界について天台学報 通号 46 2004-11-01 83-89(R)詳細IB:00080191
桑谷 祐顕 (著)書写山円教寺「性空上人の和讃」について天台学報 通号 47 2005-11-01 89-99詳細IB:00057250
寺本 亮晋 (著)書写山理教院談義所について天台学報 通号 48 2006-11-01 130-136(R)詳細IB:00080379
中川 仁喜 (著)書写山僧快倫について大正大学綜合仏教研究所年報 通号 29 2007-03-31 230-230(R)詳細IB:00159811
桑谷 祐顕 (著)江戸初期の書写山と学頭快倫仏教と文化:多田孝正博士古稀記念論集 通号 2008-11-30 879-907(R)詳細IB:00082071
竹村 牧男 (著)書写山の一遍上人東洋学論叢 通号 38 2013-03-30 1-25(R)詳細IB:00124967
水上 文義 (著)再び「円密一致の擬曼荼羅」について天台学報 通号 58 2016-10-31 10-17(R)詳細IB:00171345
水上 文義 (著)円密一致と法華法天台学報 通号 60 2018-10-31 19-27(R)詳細IB:00181741
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage