INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 月筌 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
浄土真宗 (分野) (...)  柔遠 (人物) (...)  玄智 (人物) (...)  法霖 (人物) (...)  若霖 (人物) (...)  僧鎔 (人物) (...)  道粹 (人物) (...)  針水 (人物) (...)  浄土教(真宗) (分野) (...)  円月 (人物) (...) 
-- 20 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
真田 大道 (著)真宗宿善の立場(昭和二十七年度)宗学院論集 通号 40 0001 12-30詳細
高千穂 徹乗 (著)西方指南抄に就いて顕真学報 通号 1 1930-10-01 79-98(L)詳細
藤枝 昌道 (著)月筌の信願論顕真学報 通号 15 1936-03-25 47-56(L)詳細
稲垣 最三 (著)『教行信証』の仏性論真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 2 1956-09-25 22-34詳細
佐々木 倫生 (著)僧純『妙好人伝』の教化本的性格宗教研究 通号 177 1964-01-31 70-71(R)詳細
浅井 了宗 (著)真宗聖教の開版と本願寺蔵板の成立過程龍谷大学論集 通号 377 1964-09-25 40-57詳細
稲城 選恵 (著)大阪の真宗学事史の概観龍谷教学 通号 8 1973-06-30 56-93詳細
山本 仏骨 (著)蓮華蔵閣月筌師の宗学龍谷教学 通号 8 1973-06-30 94-104詳細
普賢 大円 (著)原始宗学に於ける聖浄論の開展宗学院論輯 通号 8 1976-02-15 121-160詳細
桐渓 順忍 (著)空華轍の一如観に就いて宗学院論輯 通号 14 1976-03-15 38-52詳細
藤永 清徹 (著)真宗滅罪論宗学院論輯 通号 18 1976-03-15 1-47詳細
神子上 恵竜 (著)祈祷の可否に就て古今学説の概観宗学院論輯 通号 27 1976-03-15 67-96詳細
北塔 光昇 (著)真宗に於ける祖先崇拝、先祖供養の系譜龍谷教学 通号 22 1987-02-20 52-62詳細
北塔 光昇 (著)真宗における追善のもつ意味印度哲学仏教学 通号 2 1987-10-30 310-320詳細
早島 鏡正 (著)正信念仏偈考日本の仏教と文化:北畠典生教授還暦記念 通号 1990-07-31 43-66(L)詳細
内藤 知康 (著)「化身土文類」の隠顕釈についての諸説親鸞教学論叢:村上速水先生喜寿記念 通号 1997-05 585-610(R)詳細
岩谷 教授 (共著); 佐々木 瑞雲 (共著); 山本 浩信 (共著); 田中 真 (共著)■資料紹介■真宗法要開版始末教学研究所紀要 通号 10 2001-11-20 53-106詳細
芝原 弘記 (著)真宗教学に於ける意業・非意業について宗学院論集 通号 77 2005-03-31 25 -43 詳細
堀 祐彰 (著)月筌師の如来論龍谷教学 通号 40 2005-03-31 128-142詳細
岩田 恒 (著)能化時代初期における十劫久遠論の研究龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 36 2014-12-24 93-108(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage