INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 有漏 [SAT] 有漏 [ DDB ]

検索対象: タイトル

-- 16 件ヒット
関連キーワード(共起数上位10件・括弧内数字は共起数/キーワード登場数。なお、このリストには検索語も含む):
インド (10 / 19514)  倶舎論 (6 / 1116)  中国 (5 / 16730)  アビダルマ (4 / 373)  インド仏教 (4 / 7682)  仏教学 (3 / 6658)  日本 (3 / 56872)  玄奘 (3 / 848)  説一切有部 (3 / 415)  順正理論 (3 / 259)  [30件まで表示]
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS IDCI
舟橋一哉有漏業と無漏業大谷学報 通号 176 1968-03-18 1-12詳細IB00025291A-
鍵主良敬有漏の分別智について仏教学セミナー 通号 12 1970-10-30 11-30(R)詳細IB00026486A-
臼井元成有漏の心親鸞教学 通号 20 1972-06-15 52-61詳細IB00025909A-
加藤純章有漏・無漏の規定印度学仏教学研究 通号 42 1973-03-31 128-132詳細ありIB00003531A-
平沢一有漏道による断惑について印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 57-62詳細ありIB00006763A-
平沢一順正理論における有漏道断惑の対論印度学仏教学研究 通号 76 1990-03-20 275-281詳細ありIB00007385A-
長谷川岳史唯識説における四智心品の有漏・無漏をめぐる問題考仏教学研究 通号 52 1996-03-31 26-43(L)詳細IB00012987A-
長谷川岳史『大乗阿毘達磨集論』の十五有漏説に関する『仏地経論』と『成唯識論』の見解仏教学研究 通号 56 2002-03-01 219-236詳細IB00013022A-
清水俊史有漏業による業滅佛教論叢 通号 55 2011-03-25 29-37(L)詳細ありIB00111694A-
新田智通仏身の無漏性・有漏性について仏教学セミナー 通号 95 2012-06-30 18-43(R)詳細IB00192960A-
飯岡祐保有漏・無漏[法]ということ印度学仏教学研究 通号 132 2014-03-20 136-140(L)詳細ありIB00138579A-
清水俊史説一切有部における有漏世間道による断惑真宗文化:真宗文化研究所年報 通号 24 2015-03-01 17-44(L)詳細IB00195437A-
梶哲也説一切有部における有漏縁・無漏縁について仏教学セミナー 通号 101 2015-06-30 46-69(L)詳細IB00185398A-
田中祐成『ウダーナヴァルガ・ヴィヴァラナ』における有漏の忍印度学仏教学研究 通号 138 2016-03-20 166-169(L)詳細ありIB00162132A-
田中裕成有部系アビダルマにおける「有漏の忍」と「世間的な正見」仏教大学仏教学会紀要 通号 21 2016-03-25 175-203(L)詳細IB00158242A-
藤本庸裕世親による有漏法の規定の背景印度学仏教学研究 通号 144 2018-03-20 122-126(L)詳細ありIB00176648A-
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage