INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 東照宮 [SAT] [ DDB ] 东照宮 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
陽明門 (術語) (...)  唐油蒔絵 (術語) (...)  日本 (地域) (...)  江戸 (時代) (...)  金剛峯寺 (術語) (...)  御霊屋 (術語) (...)  寺檀制度 (術語) (...)  吉田神道 (術語) (...)  山王神道 (術語) (...)  日光 (地域) (...) 
-- 26 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
菅原 信海 (著)天海の神道事蹟についてPHILOSOPHIA 通号 35 1958-12-15 95-111詳細
池田 豊人 (著)南禅寺案内禅文化 通号 25 1962-04-01 50-58(R)詳細
福井 康順 (著)徳川家康の信仰と神格宗教研究 通号 202 1970-03-31 124-125(R)詳細
関野 克 (著)日光東照宮陽明門の唐油蒔絵の発見仏教芸術 通号 84 1972-03-10 60-61(L)詳細
中山 清田 (著)天台本覚思想と山王一実神道宗教研究 通号 226 1976-03-10 216-217(R)詳細
藤森 賢一 (著)川を下る神と溯る神密教文化 通号 121 1978-02-28 14-22(R)詳細
圭室 文雄 (著)江戸時代の檀家制度月刊百科 通号 247 1983-05-01 17-20(R)詳細
圭室 文雄 (著)幕藩体制と仏教論集日本仏教史 通号 7 1986-10 1-40(R)詳細
平井 聖 (著)関東・甲信越地方の社寺建築仏教芸術 通号 170 1987-01-30 85-94(R)詳細
日野西 真定 (著)高野山の東照宮の建立密教学研究 通号 21 1989-03-31 57-76(R)詳細
菅原 信海 (著)日光東照宮の奥院宝塔中神道秘式天台学報 通号 34 1992-09-30 15-21(R)詳細
曽根原 理 (著)日光における東照権現信仰日本の仏教 通号 4 1995-12-10 139-150(R)詳細
小此木 輝之 (著)近世世良田長楽寺の諸問題大正大学研究紀要 通号 83 1998-03-15 1-59詳細
曽根原 理 (著)会津における東照宮信仰と修験山岳修験 通号 23 1999-03-31 -詳細
大桑 斉 (著)東照宮御遺訓関係近世における仏教治国論の史料的研究 通号 2000-06 13-22(R)詳細
大桑 斉 (訳)東照宮御遺訓近世における仏教治国論の史料的研究 通号 2000-06 85-108(R)詳細
平野 寿則 (著)『井上主計頭覚書』と近世初期の政治的イデオロギー近世における仏教治国論の史料的研究 通号 2000-06 122-142(R)詳細
若尾 政希 (著)『東照宮御遺訓』の形成近世における仏教治国論の史料的研究 通号 2000-06 143-160(R)詳細
高藤 晴俊 (著)日光山における星辰信仰についての覚書山岳修験 通号 28 2001-10-27 27-36(R)詳細
高藤 晴俊 (著)東照宮信仰の広がり政界の導者天海・崇伝 / 日本の名僧 通号 15 2004-07-01 81-94(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage