INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 求那跋陀羅 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
勝鬘経 (文献) (...)  中国仏教 (分野) (...)  菩提達摩 (人物) (...)  如来蔵思想 (分野) (...)  智_ (人物) (...)  曇無讖 (人物) (...)  浄覚 (人物) (...)  鳩摩羅什 (人物) (...)  僧伽提婆 (人物) (...)  5世紀 (時代) (...) 
-- 50 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
鴨台 学人 (著)阿弥陀経の成立に関する私見(上)仏書研究 通号 27 1917-02-10 1-2(R)詳細
加藤 智学 (著)竜樹菩薩の『持明蔵』精要と『得生浄土神呪』仏教研究 通号 12 1923-03-15 104-111詳細
境野 黄洋 (著)「仏遺教経」と「仏所行讃」について思想 通号 79 1928-05-01 189-204詳細
鈴木 大拙 (著)「楞伽師資記」とその内容概観大谷学報 通号 43 1931-11-25 1-33詳細
伊藤 古鑑 (著)禅宗の教学発達に就いて(三)禅学研究 通号 18 1932-07-10 1-30(L)詳細
月輪 賢隆 (著)西蔵訳勝鬘経について龍谷学報 通号 315 1936-06 112-120詳細
小林 太市郎 (著)晋唐の観音仏教芸術 通号 10 1950-12-25 3-46詳細
春日井 眞也 (著)阿彌陀經に於ける一二の問題仏教文化研究 通号 4 1954-07-13 95-106(R)詳細
木村 静雄 (著)六祖禅の近代性印度学仏教学研究 通号 11 1958-01-10 146-147詳細
関口 真大 (著)「南宗」と南宗禅印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 70-76詳細
鈴木 哲雄 (著)四祖道信の禅風宗学研究 通号 10 1968-03-31 100-106(R)詳細
関口 真大 (著)公案禅と黙照禅印度学仏教学研究 通号 32 1968-03-31 114-121詳細
西 義雄 (著)禅と如来蔵思想に就いて禅文化研究所紀要 通号 3 1971-10-10 1-20詳細
香川 孝雄 (著)『勝鬘経』における煩悩説の成立浄土教の思想と文化:恵谷隆戒先生古稀記念 通号 1972-03 1045-1066(R)詳細
神谷 麻俊 (訳)入楞伽経「三万六千の一切法門の収集」の章の和訳(一)駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 7 1973-05 12-23(L)詳細
谷川 泰教 (著)入楞伽経研究ノート仏教学会報 通号 6 1974-03-10 53-66(R)詳細
鶴見 良道 (著)勝鬘経における二種生死義駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 9 1975-03 85-96詳細
牧田 諦亮 (著)六朝人の観音信仰法華経信仰の諸形態:法華経研究 通号 6 1976-03 229-249(R)詳細
徳沢 竜泉 (著)浄土三経聖典論(二)宗学院論輯 通号 15 1976-03-15 178-200詳細
横超 慧日 (著)中国仏教学界における勝鬘経の定着仏教思想論集:奥田慈応先生喜寿記念 通号 1976-10-22 663-682(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage