INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 法輪 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
ドヴァーラヴァティー時代 (術語) (...)  礼拝形態 (術語) (...)  cakri (術語) (...)  仏像 (術語) (...)  法華信仰 (術語) (...)  菩提樹 (術語) (...)  ブッダガヤ (術語) (...)  三性説 (術語) (...)  勝義 (術語) (...)  般涅槃 (術語) (...) 
-- 337 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
飛鳥時代の彫刻聖徳太子論纂 通号 1921-03-10 166-206(R)詳細
赤沼 智善 (著)如来の名義について仏教研究 通号 12 1923-03-15 1-19詳細
寺本 婉雅 (著)西蔵所伝梵巴『阿含経』の諸典大谷学報 通号 30 1928-05-15 159-185詳細
恵谷 隆戒 (著)羅什門下の法華経観叡山学報 通号 2 1930-07 17-48詳細
合津 八一 (著)法起寺塔婆露盤銘文考東洋学報 通号 1931-03-13 1-65詳細
合津 八一 (著)法輪寺創建年代考東洋学報 通号 1931-08-25 67-104詳細
野見山 思兪 (著)三輪身説に関する知見(一)密教研究 通号 46 1932-10-20 43-56詳細
荻原 雲来 (著)転法輪経(波利文和訳)仏教学の諸問題 通号 1935-06 314-324(R)詳細
宮本 正尊 (著)仏陀最初説法に就いて仏教学の諸問題 通号 1935-06 325-344(R)詳細
三沢 香雲 (著)四諦論の展開龍谷学報 通号 320 1937-12 92-108詳細
增永 靈鳳 (著)佛陀の生涯に於ける重要事蹟の硏究駒沢大学学報 通号 1941-10-10 165-198(R)詳細
宮本 正尊 (著)無記と空と中道思想 通号 243 1942-08-01 1-16詳細
櫛田 良洪 (著)金沢文庫蔵安居院流の唱導書について日本仏教史学 通号 4 1942-08-28 47-86詳細
舟橋 一哉 (著)阿含の実践道における自覚の問題大谷大学研究年報 通号 2 1943-03-20 277-363詳細
津本 ---- (著)法隆寺の研究史 村田治郎著仏教史学 通号 1950-06-01 122-124(R)詳細
横超 慧日 (著)竺道生撰「法華経疏」の研究大谷大学研究年報 通号 5 1952-12-15 167-276詳細
武邑 尚邦 (訳)西蔵訳因輪決択頌の訳解仏教学研究 通号 8/9 1953-08-15 100-110詳細
稲津 紀三 (著)龍樹の中の哲学について印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 269-276(R)詳細
布施 浩岳 (著)『縁起』の意義と思索の限界印度学仏教学論集:宮本正尊教授還暦記念論文集 通号 1954-07 183-194(R)詳細
朝日 舜雄 (著)我国に於ける地蔵菩薩信仰史密教学会報 通号 1 1957-10-01 -詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage