INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 清弁 [SAT] 清辯 [SAT] 淸弁 [SAT] 淸辯 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
月称 (人物) (...)  中観派 (分野) (...)  Bhāvaviveka (人物) (...)  中観 (分野) (...)  仏護 (人物) (...)  竜樹 (人物) (...)  般若灯論 (文献) (...)  Bhavya (人物) (...)  龍樹 (人物) (...)  観誓 (人物) (...) 
-- 182 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
中村 孝敬 (著)二諦相依大崎学報 通号 27 1913-03-15 39-45(R)詳細
佐伯 良謙 (著)因明作法の変遷竝に其の著述(十一)仏書研究 通号 53 1919-05-20 1-4(R)詳細
寺本 婉雅 (共訳); 日暮 京雄 (共訳)蔵伝異部宗輪論仏教研究 通号 25 1927-02-10 87-144詳細
宇井 伯寿 (著)成唯識論の性質及び立場と第七識存在の論証思想 通号 79 1928-05-01 1-196詳細
月輪 賢隆 (著)漢訳般若灯論の一考察密教研究 通号 33 1929-06-01 21-36詳細
大竹 照真 (著)清弁と分別明密教研究 通号 39 1930-12-10 1-42詳細
月輪 賢隆 (著)漢譯般若燈論の一考察(其三)密教研究 通号 40 1931-03-15 43-53(R)詳細
大竹 照真 (著)清弁の根本的立場(一)密教研究 通号 61 1937-03-01 53-70詳細
大竹 照真 (著)清弁の根本的立場(二)密教研究 通号 62 1937-06-05 37-52詳細
渡辺 瑞厳 (訳)清弁造・蔵文「小乗十八部分派解説」訳註大崎学報 通号 94 1939-07-04 70-91詳細
渡邊 瑞厳 (著)中観心頌の数論破清水龍山先生古稀記念論文集 通号 1940-12-05 640-667(R)詳細
山口 益 (著)唯識の破析する極微説について宗教研究 通号 106 1940-12-30 395-400(R)詳細
明石 恵達 (著)縁起の語義に就て日本仏教学協会年報 通号 13 1941-10 79-88詳細
野沢 静証 (著)印度に於ける大乗仏説非仏説論大谷学報 通号 83 1941-11-10 45-71(R)詳細
野沢 静証 (著)山口益仏教に於ける無と有との対論大谷学報 通号 85 1942-02-20 95-102詳細
山口 益 (著)中観派に於ける中観説の綱要書大谷大学研究年報 通号 2 1943-03-20 69-152詳細
野沢 静証 (著)清弁の声聞批判密教研究 通号 88 1944-10-25 1-20詳細
坂本 幸男 (著)極微論中山文化研究所紀要 通号 5 1945-09 173-226(R)詳細
静谷 正雄 (著)南天竺に於ける龍樹の遺蹟仏教学研究 通号 5 1951-06-15 77-78(R)詳細
野沢 静証 (著)安慧造 唯識三十頌釈 調伏天造 唯識三十頌釈疏(七)密教文化 通号 17 1952-05-15 35-48(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage