INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 禅思想史 [SAT] 禪思想史 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
禅学 (分野) (...)  菩提達磨 (人物) (...)  自覚覚他 (術語) (...)  霊性的自覚 (術語) (...)  道元理解 (術語) (...)  中国 (地域) (...)  摩訶衍 (人物) (...)  哲学 (分野) (...)  鈴木大拙 (人物) (...) 
-- 65 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
横川 顕正 (著)禅思想史の基礎的構造大谷学報 通号 66 1937-04-10 120-127(R)詳細
鎌田 茂雄 (著)中国禅思想史にあらわれた無情仏性思想宗学研究 通号 4 1961-03-10 51-57(R)詳細
中川 孝 (著)四行論長巻子を中心として見たる初期禅思想史の問題点印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 164-168詳細
和田 昌太郎 (著)禅経験について印度学仏教学研究 通号 20 1962-03-31 138-139詳細
平野 宗浄 (著)古田紹欽著 禅思想史論――日本禅禅文化 通号 43 1967-01-01 54(R)詳細
橋本 芳契 (著)鈴木大拙の浄土教観について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 13 1968-11-15 128-138詳細
坂本 弘 (著)定と慧宗教研究 通号 226 1976-03-10 213-214(R)詳細
柳田 聖山 (著)喜風 禅文化研究所紀要 通号 9 1977-11-15 151-194詳細
柳田 聖山 (著)喜風禅学論攷:山田無文老師喜寿記念 通号 1977-12-10 151-193(R)詳細
上田 閑照 (著)禅と世界禅文化研究所紀要 通号 13 1984-06-01 223-276詳細
原田 弘道 (著)初期曹洞禅における坐禅観の一側面駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 44 1986-03-31 109-126詳細
石井 修道 (著)道元の霊性批判駒沢大学禅研究所年報 通号 2 1991-03 50-93詳細
岡島 秀隆 (著)禅仏教の言語観禅研究所紀要 通号 21 1993-03 99-112詳細
石井 修道 (著)松本史朗著『禅思想の批判的研究』駒沢大学仏教学部論集 通号 25 1994-10-31 273-311詳細あり
小島 岱山 (著)「東アジア仏教学」に依る中国禅思想史の再構築印度学仏教学研究 通号 86 1994-12-20 230-234詳細
原田 弘道 (著)禅思想史上における因果と仏行の問題駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 54 1996-03-31 1-18詳細
葛 兆光 (著)歴史・思想史・一般思想史東洋文化 通号 83 2003-03-28 35-53(L)詳細
鈴木 哲雄 (共著); 鄭 夙雯 (共著)湖南省禅宗史蹟調査の旅人間文化:愛知学院大学人間文化研究所紀要 通号 18 2003-09-20 23-54 (R)詳細
伊吹 敦 (著)達摩から東山法門へ禅文化 通号 192 2004-04-25 42-49(R)詳細
伊吹 敦 (著)北宗禅の成立禅文化 通号 193 2004-07-25 64-72(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage