INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 菩薩善戒経 [SAT] 菩薩善戒經 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
菩薩地持経 (文献) (...)  優婆塞戒経 (文献) (...)  梵網経 (文献) (...)  瑜伽師地論 (文献) (...)  インド仏教 (分野) (...)  菩薩戒 (術語) (...)  華厳経 (文献) (...)  地持経 (文献) (...)  大野法道 (人物) (...)  菩薩瓔珞本業経 (文献) (...) 
-- 32 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
土橋 秀高 (著)菩薩善戒経に就いて仏教学研究 通号 5 1951-06-15 80-81(R)詳細
内藤 竜雄 (著)菩薩善戒経における二三の問題印度学仏教学研究 通号 19 1962-01-25 130-131詳細
田中 良昭 (著)初期禅宗と戒律宗学研究 通号 11 1969-03-31 31-36(R)詳細
道端 良秀 (著)中国仏教と大乗戒壇仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 589-607(L)詳細
沖本 克己 (著)菩薩善戒経について印度学仏教学研究 通号 43 1973-12-31 373-378詳細
川田 熊太郎 (著)三聚戒の意義について駒沢大学仏教学部論集 通号 7 1976-10 1-13詳細
沖本 克己 (著)「善信菩薩二十四戒経」について印度学仏教学研究 通号 49 1976-12-25 226-229詳細
米田 睦雄 (著)国王乃至鬼神不礼の文について龍谷教学 通号 12 1977-06-30 37-47詳細
藤田 光寛 (著)敦煌出土瑜伽論チベット語遺文Ⅰ密教文化 通号 126 1979-03-15 80-63(L)詳細
末木 康弘 (著)bodhisattvabhūmi成立過程の一考察印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 186-187詳細
土橋 秀高 (著)敦煌の律蔵講座敦煌 通号 7 1984-12-14 241-277(R)詳細
志部 憲一 (著)天桂宗学と問題点宗学研究 通号 29 1987-03-31 219-224(R)詳細
間中 潤 (著)『能顕中辺慧日論』の研究仏教学研究 通号 43 1987-06-30 43-63詳細
相馬 一意 (著)梵文和訳「菩薩地」(2)唯識思想の研究:山崎慶輝教授定年記念論集 通号 1987-07-10 20-43(L)詳細
齊藤 舜健 (著)『菩薩善戒経』序品に示される受戒法について宗教研究 通号 275 1988-03-31 159-160(R)詳細
成田 英道 (著)澤木興道老師の墨蹟について仏教経済研究 通号 18 1989-05-15 153-172(R)詳細
泉 浩洋 (著)布教と感応について叡山学院研究紀要 通号 12 1989-11-30 97-113(R)詳細
平川 彰 (著)初期大乗仏教における在家と出家仏教学 通号 31 1991-07 1-39詳細
小澤 憲珠 (著)『菩薩善戒経』の諸問題仏教論叢 通号 36 1992-09-08 3-8(R)詳細
沖本 克己 (著)菩薩戒について戒律の世界 通号 1993-05-25 239-264詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage