INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 行人 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
学侶 (術語) (...) (術語) (...)  倫敦塔 (文献) (...)  こころ (文献) (...)  領院 (術語) (...)  寺院階級 (術語) (...)  集会評定 (術語) (...)  山伏 (術語) (...)  集会制度 (術語) (...)  三昧聖 (術語) (...) 
-- 61 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
神亀 法寿 (著)近世の高野寺領と其の経済(其二)密教研究 通号 40 1931-03-15 54-87(R)詳細
中野 達慧 (著)高野山史の研究(続)密教研究 通号 45 1932-07-15 59-81詳細
中野 達慧 (著)高野山史の研究(下篇)密教研究 通号 52 1934-09-10 65-91詳細
山川 智応 (著)再び一念三千の法体と行法を論ず大崎学報 通号 88 1936-07-10 23-42詳細
梅原 真隆 (著)現生正定聚の己証顕真学報 通号 39 1942-05-20 1-10(L)詳細
水原 尭栄 (著)明治以降高野山中院流法脈の正嫡に就いて密教文化 通号 32 1956-02-20 1-3(R)詳細
水原 尭栄 (著)明治時代高野山事相法脈の分派密教文化 通号 33 1956-04-20 12-13(R)詳細
久保田 収 (著)高野山における歴史研究密教文化 通号 36/37 1956-11-01 22-42(R)詳細
和多 昭夫 (著)中世高野山の僧侶集会制度密教文化 通号 45/46 1959-12-25 17-51(R)詳細
堀 一郎 (著)湯殿山系の即身仏(ミイラ)について宗教研究 通号 166 1961-01-15 81-81(R)詳細
阿部 行人 (著)真宗における倫理の問題親鸞聖人 通号 1961-03 254-261詳細
和多 昭夫 (著)木食応其考(前)密教文化 通号 55 1961-06-01 29-38(R)詳細
堀 一郎 (著)湯殿派一世行人仏海上人塚発掘調査報告宗教研究 通号 170 1961-12-31 123-125(R)詳細
和多 昭夫 (著)木食応其考(承)密教文化 通号 61 1962-10-30 82-94(R)詳細
伊東 一夫 (著)日本の近代小説に現れたる宗教的人間像東洋学研究 通号 1 1965-11-25 145-153詳細
北山 正迪 (著)漱石と禅禅と文化 / 講座禅 通号 5 1968-01-15 266-279(R)詳細
日野西 真定 (著)奥院石塔を中心とする高野山信仰の諸問題(其の一)密教文化 通号 100 1972-10-30 46-77(R)詳細
久本 実円 (著)「観念法門」の構成について宗教研究 通号 214 1973-03-31 167-168(R)詳細
小林 実玄 (著)『行人修道簡邪入正止観法門』(『五教止観』)の「華厳三昧」について印度学仏教学研究 通号 50 1977-03-31 246-250詳細
川勝 守 (著); 川勝 守 (著)四悉檀義と教相論仏教の実践原理 通号 1977-12 303-318(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage