INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 遼代 [SAT] 勞代 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
中国 (地域) (...)  仏教 (分野) (...)  華厳 (分野) (...)  平安時代 (時代) (...)  密教 (分野) (...)  唐~北宋代 (時代) (...)  大蔵経 (分野) (...)  華厳宗 (分野) (...)  幽州 (地域) (...)  金代 (時代) (...) 
-- 23 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
妻木 直良 (著)契丹に於ける大蔵経彫造の事実を論ず東洋学報 通号 1912-09-30 432-434詳細
亀川 教信 (著)華厳経談玄決択の完本に就て龍谷学報 通号 311 1935-01 54-75詳細
野上 俊静 (著)遼代燕京の仏教支那仏教史学 通号 1938-12-15 83-99詳細
野上 俊靜 (著)遼代の邑会に就きて大谷学報 通号 73 1939-02-10 46-61(R)詳細
常盤 大定 (著)我が平安朝時代に於ける日本僧の入遼東方學報・東京 通号 1940-03 -詳細
小笠原 ---- (著)遼金の仏教 野上俊靜著仏教史学 通号 12 1953-12-30 60-61(R)詳細
鎌田 茂雄 (著)華厳思想史よりみた遼代密教の特質印度学仏教学研究 通号 16 1960-03-30 241-246詳細
井上 正 (著)大康十年銘多宝千仏幢に関する基本的問題仏教芸術 通号 93 1973-09-20 3-15(L)詳細
遼代の学僧思孝について仏教の歴史と文化:仏教史学会30周年記念論集 通号 1980-12-15 295-305(R)詳細
井上 順恵 (著)遼代千人邑会について禅学研究 通号 60 1981-10-01 105-128(L)詳細
多田 孝正 (著)顕密円通成仏心要集の六字大明をめぐって印度学仏教学研究 通号 72 1988-03-25 169-176詳細
石橋 成康 (訳)房山石経と「契丹蔵」佛教大学仏教文化研究所所報 通号 7 1989-07-30 5-8詳細
千葉 正 (著)宋代における密教の展開について駒澤大學禪硏究所年報 通号 8 1997-03 151-173詳細
竺沙 雅章 (著)遼代華厳宗の一考察大谷大学研究年報 通号 49 1997-03-15 1-67詳細
竺沙 雅章 (著)遼代の仏教とその影響駒沢大学仏教学部論集 通号 31 2000-10-31 57-75(R)詳細
藤原 崇人 (著)遼代興宗朝における慶州僧録司設置の背景仏教史学研究 通号 2003-11-29 1-22詳細
吉川 太一郎 (著)鮮演の真妄論印度学仏教学研究 通号 104 2004-03-20 163-165詳細
吉川 太一郎 (著)『釈摩訶衍論賛玄疏』における華厳思想の影響印度学仏教学研究 通号 111 2007-03-20 56-59(R)詳細
吉川 太一郎 (著)鮮演の用いる比喩についてインド哲学仏教学研究 通号 14 2007-03-31 73-85 (L)詳細
遠藤 純一郎 (著)『顕密円通成仏心要集』に於ける顕密観蓮花寺佛教研究所紀要 通号 1 2008-03-31 63-90(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage