INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 頓悟要門 [SAT] [ DDB ] 頓悟要门 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
六祖壇経 (文献) (...)  神会語録 (文献) (...)  南陽和上頓教解脱禅門直了性壇語 (文献) (...)  雑徴義 (文献) (...)  馬祖語録 (文献) (...)  景徳伝灯録 (文献) (...)  馬祖 (人物) (...)  無心論 (文献) (...)  禅宗 (分野) (...)  華厳孔目章 (文献) (...) 
-- 25 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
今長谷 蘭山 (著)六祖大師の「心理学」禅学研究 通号 26 1936-12-25 36-64(L)詳細
古田 宗忠 (著)黄檗禅師の「心」の考察(下)禅学研究 通号 29 1938-07-10 33-49(L)詳細
増谷 文雄 (訳); 鈴木 大拙 (著)禅の問答鈴木大拙 / 現代日本思想大系 通号 8 1964-10-15 149-198(R)詳細
阿部 正雄 (著)禅と西洋思想禅の立場 / 講座禅 通号 1 1967-08-25 113-148(R)詳細
平野 宗浄 (著)頓悟要門論禅の古典 中国 / 講座禅 通号 6 1968-03-05 113-130(R)詳細
西村 恵信 (著)平野宗浄著 頓悟要門禅文化 通号 57 1970-06-15 74(R)詳細
石川 力山 (著)馬祖禅形成の一側面宗学研究 通号 13 1971-03-31 105-110(R)詳細
長嶋 孝行 (著)「神会語録」のお手本印度学仏教学研究 通号 52 1978-03-20 323-325詳細
長嶋 孝行 (著)馬祖と大珠の師弟関係に関する一考察印度学仏教学研究 通号 53 1978-12-31 293-295詳細
阿部 正雄 (著)非仏非魔仏教の比較思想論的研究 通号 1979-02 635-710(R)詳細
長嶋 孝行 (著)「頓悟要門」と「六祖壇経」の関係について印度学仏教学研究 通号 55 1979-12-31 359-361詳細
木南 広峰 (著)無心について宗学研究 通号 23 1981-03-31 227-230(R)詳細
長嶋 孝行 (著)恵能と神秀の伝法偈に関する一考察宗教研究 通号 250 1982-02-20 201-202(R)詳細
長嶋 孝行 (著)『頓悟要門』の影響印度学仏教学研究 通号 63 1983-12-25 278-283詳細
長嶋 孝行 (著)「頓悟要門」の著者、大珠宗教研究 通号 259 1984-03 199-200詳細
長嶋 孝行 (著)『六祖壇経』の五本、七冊について(三)宗教研究 通号 275 1988-03-31 162-163(R)詳細
伊吹 敦 (著)「大乗五方便」の諸本について南都仏教 通号 65 1991-03-25 71-102(R)詳細
村上 俊 (著)無心の周辺禅文化研究所紀要 通号 20 1994-05-20 151-222詳細
近藤 章正 (著)『六祖壇経』の立場宗学研究 通号 42 2000-03-31 225-228詳細
近藤 章正 (著)『六祖壇経』と神会駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 33 2000-07 19-30詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage