INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 頭陀行 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
蔵外仏教文献 (文献) (...)  東山法門 (術語) (...)  西行物語 (文献) (...)  善知識 (術語) (...)  法華経 (文献) (...)  二入四行 (術語) (...)  仏説頭陀経 (文献) (...)  念声是一論 (術語) (...)  頭陀乞食 (術語) (...)  檀越送食 (術語) (...) 
-- 26 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
柳田 聖山 (著)臨済義玄の人と時代禅文化 通号 24 1962-01-25 9-23(R)詳細
小野 勝年 (著)断中の語義について牛場氏の所説を読む東方学 通号 23 1962-03 62-64(R)詳細
永崎 亮寛 (著)初期仏教における頭陀行について密教文化 通号 129 1980-02-21 88-76(L)詳細
成田 英道 (著)仏教者の経済生活の原点仏教経済研究 通号 9 1980-03-31 105-129(R)詳細
成田 英道 (著)托鉢について宗学研究 通号 22 1980-03-31 257-262(R)詳細
木川 敏雄 (著)初期仏教教団における頭陀行者の一群について印度学仏教学研究 通号 57 1980-12-31 239-241詳細
木川 敏雄 (著)原始仏教教団における頭陀行者の諸相について印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 110-111詳細
永崎 亮寛 (著)頭陀行(Dhuta・Dhūta)について(1)高野山大学論叢 通号 18 1983-02-21 1-57詳細
平川 彰 (著)『十住毘婆沙論』における在家と出家龍樹教学の研究 通号 1983-02-28 141-183(R)詳細
阿部 慈園 (著)頭陀と戒曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 15 1983-08-30 253-254(R)詳細
木川 敏雄 (著)大迦葉と彼の頭陀行印度学仏教学研究 通号 63 1983-12-25 194-196詳細
鈴木 哲雄 (著)初期禅宗と三論三論教学の研究 通号 1990-10-30 421-442詳細
早島 鏡正 (著)最初期仏教の修行道大倉山論集 通号 29 1991-03 1-42詳細
榎本 正明 (著)新出・七寺蔵『頭陀経』について仏教論叢 通号 37 1993-09-07 12-15(R)詳細
松村 淳子 (著)『ラサヴァーヒニー』ウッタローリヤの巻前5話神戸国際大学紀要 通号 45 1993-12 77-90(L)詳細
伊吹 敦 (著)再び『心王経』の成立を論ず東洋学論叢 通号 22 1997-03-30 82-106(L)詳細
林 純教 (著)『一万頌般若経』の特異性東洋学研究 通号 34 1997-03-30 191-208(R)詳細
坂口 博規 (著)西行の宗教活動駒沢大学仏教文学研究 通号 1 1998-03-31 151-184詳細
薮内 聡子 (著)初期仏教における比丘の生活様式印度学仏教学研究 通号 96 2000-03-20 71-73(L)詳細
薮内 聡子 (著)初期仏教教団における教法伝持の構造インド哲学仏教学研究 通号 7 2000-03-30 27-40(L)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage