INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: Mahāprajñāpāramitopadeśa [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
Saddharmapuṇḍarīkopadeśa (文献) (...)  Bodhisaṃbhāra (文献) (...) 
-- 18 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
平川 彰 (著)仏陀観と心仏教学 通号 9 1980-10-25 1-24詳細
梶山 雄一 (著)大智度論における阿弥陀仏信仰仏教大学仏教文化研究所年報 通号 7/8 1990-04-10 1-16詳細
葉 徳生 (著)『大智度論』における三三昧・三解脱門印度学仏教学研究 通号 83 1993-12-25 58-60(L)詳細
武田 浩学 (著)『大智度論』における「得無生法忍」の意義印度学仏教学研究 通号 83 1993-12-25 211-213詳細
葉 徳性 (著)『大智度論』における尸羅波羅蜜インド哲学仏教学研究 通号 2 1994-09-30 3-18(L)詳細
葉 徳生 (著)『大智度論』における尸羅波羅蜜印度学仏教学研究 通号 85 1994-12-20 144-146(L)詳細
菅野 竜清 (著)大智度論における馬鳴著作の引用について印度学仏教学研究 通号 86 1994-12-20 194-197詳細
菅野 龍清 (著)大智度論における禅波羅蜜義について宗教研究 通号 303 1995-03-31 244-245(R)詳細
加藤 純章 (著)羅什と『大智度論』印度哲学仏教学 通号 11 1996-10-30 32-59(R)詳細
Zotz Volker (著)Shinran und Nāgārjuna. Ansätze eines strukturellen Vergleichs龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 35 1996-11-30 19-28(L)詳細
五島 清隆 (著)『大智度論』が引用する「徳女経」について印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 113-118(L)詳細
武田 浩学 (著)『大智度論』を一貫する主題は「不住涅槃の思想」ではないのか印度学仏教学研究 通号 98 2001-03-20 295-297詳細
大野 栄人 (著)『大智度論』の中国的展開人間文化:愛知学院大学人間文化研究所紀要 通号 16 2001-09 1-44詳細
武田 浩学 (著)『大智度論』と四十巻本『大乗涅槃経』との密接な関係東アジア仏教研究 通号 2 2004-05-31 3-16(L)詳細
釈 大田(荘崑木) (著)大智度論と倶舎論に及ぼした甘露味論の影響印度学仏教学研究 通号 105 2004-12-20 115-117(L)詳細
曽根 宣雄 (著)『往生論註』所説の二身論と『大智度論』第二十九巻所説の二身論について印度学仏教学研究 通号 107 2005-12-20 52-55(R)詳細
渓 英俊 (著)曇鸞浄土教の研究龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 30 2008-12-10 65-79(R)詳細
Mochizuki Kaie (著)How Did the Indian Masters Read the Lotus Sutra?印度学仏教学研究 通号 124 2011-03-25 95-103(L)詳細あり
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage