INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前遠藤 純一郎 ( えんどう じゅんいちろう, Junichiro Endo ) 著 (智山伝法院常勤研究員/埼玉大学非常勤講師)
タイトル唐代に於ける『大乗起信論』思想の中国的展開に関する一考察
タイトル読みとうだいにおけるだいじょうきしんろんしそうのちゅうごくてきてんかいにかんするいちこうさつ
サブタイトル「忽然念起」を中心に
タイトル(欧文)Development of Tathâgatagarbha Thought in Tang Dynasty Era from the point of view of the ideological exchange between Buddhism and Taoism
サブタイトル(欧文)
該当ページ89-112(R)
媒体名 智山学報
媒体名欧文 THE CHISAN GAKUHO JOUNARL OF CHISAN STUDIES
通号 66
52
ISSN 0286-5661
編者 大正大学真言学智山研究室
発行日2003-03-31
発行者智山勧学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   唐代 隋代末 中国 (地域) 中国仏教 (分野) 隋代 (時代) 日本 (地域) 浄土教 (分野) 宋代 (時代) 禅宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   道教 中国仏教 中国 (地域) 中国仏教 (分野) 仏教 (分野) 儒教 (分野) 敦煌 (地域) 唐代 (時代) 日本仏教 (分野) 密教 (分野) 浄土教 (分野) 禅宗 (分野) 天台宗 (分野) 華厳宗 (分野) インド仏教 (分野)
  人物   法蔵 華厳宗 (分野) 智儼 (人物) 澄観 (人物) 華厳経 (文献) 中国仏教 (分野) 華厳学 (分野) 元暁 (人物) 華厳五教章 (文献)
  文献   大乗起信論 賢首義記 本際教 唐初道教思想史研究 宝蔵論 釈摩訶衍論 (文献) 法蔵 (人物) 大乗起信論義記 (文献) 真諦 (人物) 勝鬘経 (文献) 楞伽経 (文献) 成唯識論 (文献) 摂大乗論 (文献) 肇論 (文献) 達摩多羅禅経 (文献) 僧肇 (人物) 宝蔵論の思想史的意義 (文献) ウパニシャッド (文献) 大乗玄論 (文献) 往生論 (文献)
  術語   如来蔵思想 忽然念起 重玄派 標準的解釈 道性思想 生成論 宝性論 (文献) 法身 (術語) 本覚思想 (術語) 如来蔵 (術語) 如来蔵思想 (術語) 大乗起信論 (文献) 仏性 (術語) 法界縁起 (術語) 涅槃 (術語) 一闡提成仏 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage