INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前佐藤 晃 ( さとう あきら, Akira Sato ) 著 (早稲田大学大学院)
タイトル観(vipaśyanā)における無自性性論証の意義に関する一考察
タイトル読みかんvipasyanaにおけるむじしょうしょうろんしょうのいぎにかんするいちこうさつ
サブタイトル特に無分別知の生起,断惑との関係性について
タイトル(欧文)An Inquiry into the Proof of the Emptiness of All Dharmas in Vipaśyanā
サブタイトル(欧文)
該当ページ87-114(L)
媒体名 仏教学
媒体名欧文 BUKKYO-GAKU (Journal of Buddhist Studies)
通号 55
ISSN 0387-026X
編者 仏教思想学会
発行日2013-12-20
発行者仏教思想学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   8世紀後半 インド (地域) 9世紀前半 (時代) インド哲学 (分野) 仏教論理学 (分野) チベット (地域) チベット仏教 (分野) インド仏教 (分野) 西日本 (地域)
  分野   仏教論理学 瑜伽行中観派 インド仏教 (分野) 仏教論理 (分野) ダルマキールティ (人物) インド (地域) Dharmakīrti (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 7世紀 (時代) シャーンタラクシタ (人物) 中観派 (分野) 大乗仏教 (分野) 8世紀 (時代) Kamalaśīla (人物) 惞融Śāntarakṣita (人物) 八世紀 (時代)
  人物   カマラシーラ シャーンタラクシタ (人物) ダルマキールティ (人物) チベット仏教 (分野) 摩訶衍 (人物) ツォンカパ (人物) 修習次第 (文献) 中観 (分野) 中観派 (分野)
  文献   Bhāvanākrama Yogabhāvanāvatāra 菩提心 (術語) Pāramitāyānabhāvanākramopadeśa (文献) 修習次第 (文献) 広釈菩提心論 (文献) Kamalaśīla (人物) 経集 (文献) Pelliottib.No.116 (文献) ブッダグフヤ (人物) Bhāvanākrama (文献) Bodhicittabhāvanā (文献)
  術語   ( vipaśyanā ) 無自性性論証 無分別知 一切法無自性性 断惑 (術語) 観無量寿経 (文献) 見仏 (術語) (術語) 法界観 (術語) 浄土教 (分野) 智儼 (人物) 観察 (術語) 離一多性 (術語) 勝義離戯論 (術語) 悟性理論 (術語) ニヤーヤスートラ (文献) 般若 (術語) 自然法尓 (術語) Nyāyabindu (文献) ニヤーヤ学派 (術語) pratyakṣa 有分別知 (術語) 滅罪 (術語) 臨終 (術語) 順正理論 (文献) 繋縛 (術語) 択滅 (術語) 断道 (術語) 大毘婆沙論 (文献) 随眠 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage