INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前中橋 健二 ( なかはし けんじ, Kenji Nakahashi ) 著 (倉敷市立短期大学教授)
タイトルカントの要請論の思惟形式の仏教思想への適用
タイトル読みかんとのようせいろんのしいけいしきのぶっきょうしそうへのてきよう
サブタイトルカントの理性の実践的使用における「自由」(Freiheit)と『倶舍論』の因果論の思想構造との比較研究
タイトル(欧文)Freiheit und Nirvana
サブタイトル(欧文)Komparative Studien über Kants Religionsphilosophie und Buddhismus
該当ページ52-57(R)
媒体名 比較思想研究(別冊)
媒体名欧文 Studies in Comparative Philosophy (annex)
通号 26
ISSN 0286-2379
編者 比較思想学会
発行日2000-03-31
発行者比較思想学会
発行地東京
本文
INBUDS IDIB:00073694


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  分野   比較思想 仏教学 (分野) 日本 (地域) 宗教学 (分野) 日本仏教 (分野) キリスト教 (分野) 浄土宗 (分野) 道元 (人物) インド (地域)
  人物   カント ヘーゲル (人物) 哲学 (分野) 親鸞 (人物) ニーチェ (人物) アリストテレス (人物) 道元 (人物) 宗教哲学 (分野) プラトン (人物)
  文献   倶舍論 純粋理性批判 順正理論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 世親 (人物) 入阿毘達磨論 (文献) 衆賢 (人物) 方便品 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 科学革命の構造 (文献) 実践理性批判 (文献) カント (人物) 告白 (文献) 正法眼蔵 (文献) 創世記 (文献) ヒューム (人物) 原始仏典 (文献) 判断力批判 (文献)
  術語   最高善 自由 五果 六因 四縁 因果 神秘思想 (術語) (術語) 利行 (術語) 舎利供養 (術語) 根本悪 (術語) 道徳 (術語) Weltgrund (術語) Summumbonumm (術語) 平等 (術語) (術語) 詩的表現 (術語) 変化 (術語) 人間関係 (術語) 自己 (術語) 禅語録 (術語) 数奇 (術語) 因縁 (術語) 三時業 (術語) 六因 (術語) 三無記 (術語) (術語) 因と因果 (術語) 四縁 (術語) 五果 (術語) 中観論疏 (文献) 四障 (術語) 十智 (術語) 中道 (術語) 十二支縁起 (術語) 因果論 (術語) 十縁 (術語) 輪廻 (術語) 日本仏教 (分野) 縁起 (術語) 仏性 (術語) 無常 (術語) 利他主義 (術語) 四端 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage