INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前飛田 康裕 ( とびた やすひろ, Yasuhiro Tobita ) 著 (早稲田大学非常勤講師)
タイトル大衆部における自己認識論の形成過程の考察
タイトル読みだいしゅぶにおけるじこにんしきろんのけいせいかていのこうさつ
サブタイトル説一切有部の批判から推測されるその形成過程のモデル
タイトル(欧文)An Examination of the Development Process of Self-Cognition Theory by Mahāsaṅghika
サブタイトル(欧文)A Hypothesized Development Process from Sarvāstivādin's Criticism
該当ページ1-24(L)
媒体名 東洋の思想と宗教
媒体名欧文 Tōyō no Shisō to Shūkyō (Thought and Religion of Asia)
通号 32
ISSN 0910-0601
編者 土田健次郎
発行日2015-03-25
発行者早稲田大学東洋哲学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   大衆部 説一切有部 インド仏教 (分野) 説出世部 (分野) 部派仏教 (分野) 上座部 (分野) 仏教学 (分野) 雪山部 (分野) 大乗経典 (文献) 経部 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 世親 (人物) インド (地域) 倶舎論 (文献) アビダルマ (分野)
  文献   婆娑論 異部宗輪論 大毘婆沙論 (文献) 倶舎論 (文献) 部執異論 (文献) Mahāvaṃsa (文献) 舎利弗問経 (文献) 発智論 (文献) 論事 (文献) 大天 (人物)
  術語   自己認識 三世実有 認識手段 (術語) アポーハ学説 (術語) 直観 (術語) 自覚 (術語) 意識 (術語) 世俗 (術語) 自証 (術語) 如来蔵 (術語) 倶舎論 (文献) 法体恒有 (術語) 順正理論 (文献) 説一切有部 (分野) 刹那滅 (術語) 三世法 (術語) サーンキヤ哲学 (術語) 六足論 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage