INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前高塚 恭彦 ( たかつか やすひこ, Yasuhiko Takatsuka ) 著 ()
タイトル葬祭の意義を史上にたずねて
タイトル読みそうさいのいぎをしじょうにたずねて
サブタイトル
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ108-122(R)
媒体名 教化研修
媒体名欧文 ----
通号 3
ISSN ----
ISBN ----
編者 藤田俊訓
発行日1959-02-10
発行者曹洞宗布教教化研修所
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド 中国 日本 インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) 中国仏教 (分野) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代) 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  分野   仏教学 現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) インド学 (分野) 中国 (地域) 宗教学 (分野) 道元禅師 (人物) チベット (地域)
  人物   円仁 源信 高祖 太祖 円珍 (人物) 最澄 (人物) 日本仏教 (分野) 安然 (人物) 天台宗 (分野) 空海 (人物) 入唐求法巡礼行記 (文献) 中国仏教 (分野) 往生要集 (文献) 法然 (人物) 浄土教 (分野) 善導 (人物) 親鸞 (人物) 浄土宗 (分野) 永観 (人物) 仏教史 (分野) 文帝 (人物) 真宗 (分野) 本典 (文献) 曹洞宗 (分野) 太祖 (人物) 李耳 (人物) 太宗 (人物) 般若心経 (文献) 海雲 (人物) 宝要抄 (文献) (人物) 長春真人 (人物) 高祖 (人物) 宗団形成 (術語)
  文献   長阿含 正法眼蔵 梵網経 性霊集 中阿含 (文献) 長部 (文献) アッタカター (文献) 四分律 (文献) 増一阿含 (文献) 雑阿含 (文献) シャマタデーヴァ依用の長阿含 (術語) 倶舎論 (文献) 道元 (人物) 永平広録 (文献) 正法眼蔵随聞記 (文献) 弁道話 (文献) 道元禅師 (人物) 修証義 (文献) 法華経 (文献) 宝慶記 (文献) 華厳経 (文献) 沙門果経 (文献) 金光明経 (文献) 顕戒論 (文献) 瓔珞経 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 三教指帰 (文献) 空海 (人物) 高野雑筆集 (文献) 秘蔵宝鑰 (文献) 即身成仏義 (文献) 御請来目録 (文献) 御遺告 (文献) 弘法大師 (人物)
  術語   葬祭 業報輪廻説 檀家制度 追善報恩 葬儀 (術語) 講組織 (術語) 中陰 (術語) 安心 (術語) 修道 (術語) 大毘婆沙論 (文献) 檀信徒 (術語) 共同体 (術語) 仏教倫理 (術語) 縁起説 (術語) 深信因果 (術語) 百丈野狐話 (術語) 寺院経営 (術語) 寺請制度 (術語) 政教分離 (術語) 日本仏教 (分野) 寺檀関係 (術語) 祖先崇拝 (術語) 現世利益 (術語) 死者儀礼 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage