INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前桜部 建 ( さくらべ はじめ, Hajime Sakurabe ) 著 (大谷大学教授)
タイトルL.シュミットハウゼン「初期仏教における智と覚についての叙述あるいは理論の諸相について」
タイトル読みlしゅみっとはうぜんしょきぶっきょうにおけるちとかくについてのじょじゅつあるいはりろんんのしょそうについて
サブタイトル
タイトル(欧文)L. Schmithausen, On Some Aspects of Descriptions or Theories of `Liberating Insight' and `Enlightenment' in Early Buddhism
サブタイトル(欧文)
該当ページ61-69
媒体名 仏教学セミナー
媒体名欧文 BUDDHIST SEMINAR
通号 38
ISSN 0287-1556
編者 大谷大学仏教学会
発行日1983-10-30
発行者大谷大学仏教学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   ドイツ 日本 (地域) インド (地域) 近代 (時代) 現代 (時代) ヨーロッパ (地域) 比較哲学 (分野) 西洋哲学 (分野) 比較思想 (分野)
  時代   現代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) 仏教学 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) インド (地域) 近代 (時代)
  分野   インド仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野)
  人物   シュミットハウゼン インド仏教 (分野) 初期仏教における”智”と”覚”についての叙述あるいは理論の諸相について (文献) Schmithausen (人物) 哲学 (分野) 小林秀雄 (人物) インド学 (分野) 般若経 (文献) 無著 (人物)
  文献   初期仏教における”智”と”覚”についての叙述あるいは理論の諸相について シュミットハウゼン (人物) 四諦 (術語)
  術語   四諦 超越体験 八正道 (術語) 縁起 (術語) 十二縁起 (術語) 六波羅蜜 (術語) 三法印 (術語) 無明 (術語) 原始仏教 (分野) 十二因縁 (術語) 四諦 (術語) (術語) 解釈学 (術語) 神話化 (術語) (術語) (術語) (術語) (術語) (術語) 両部不二 (術語) 三密 (術語) 法身 (術語) 不覚 (術語) (術語) budh (術語) 仏業 (術語) 自己 (術語) 智恵 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage