INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前古山 健一 ( ふるやま けんいち, Kenichi Furuyama ) 著 (曹洞宗総合研究センター研究員)
タイトル『赴粥飯法』における「法是食・食是法」について
タイトル読みふしゅくはんぽうにおけるほうぜじきじきぜほうについて
サブタイトル
タイトル(欧文)A Study on Dōgen's Thought about Oneness of Meals and Dharmas in Fushukuhan-pō
サブタイトル(欧文)
該当ページ1-6(L)
媒体名 宗学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF SŌTŌ ZEN STUDIES (SHŪGAKU KENKYŪ)
通号 49
特集・テーマ 第八回学術大会紀要
ISSN 0288-1683
編者 曹洞宗総合研究センター所長 田中良昭
発行日2007-04-01
発行者曹洞宗総合研究センター
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 中国 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   鎌倉時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 浄土真宗 (分野) 曹洞宗 (分野) 真宗学 (分野) 平安時代 (時代) 浄土宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   曹洞宗 中国禅宗 道元 (人物) 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 日本 (地域) 禅宗 (分野) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 現代 (時代) 曹洞宗 (分野) 唐代 (時代) 中国 (地域) 臨済宗 (分野) 中国仏教 (分野) 宋代 (時代)
  人物   道元 曹洞宗 (分野) 正法眼蔵 (文献) 日本仏教 (分野) 禅宗 (分野) 如浄 (人物) 親鸞 (人物) 栄西 (人物) 曹洞宗学 (分野)
  文献   赴粥飯法 校訂冠註永平元禅師清規 維摩経 楞伽経 正法眼蔵 典座教訓 (文献) 禅苑清規 (文献) 道元 (人物) (術語) 維摩経 (文献) 仏遣教経 (文献) 瑩山紹瑾 (人物) 校訂冠註永平元禅師清規 (文献) 赴粥飯法 (文献) 法華経 (文献) 華厳経 (文献) 般若経 (文献) 涅槃経 (文献) インド仏教 (分野) 勝鬘経 (文献) 無量寿経 (文献) 大智度論 (文献) 大乗起信論 (文献) 宝性論 (文献) Laṅkāvatāra (文献) 続高僧伝 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) 永平広録 (文献) 正法眼蔵随聞記 (文献) 弁道話 (文献) 道元禅師 (人物) 修証義 (文献) 宝慶記 (文献)
  術語   法是食 食是法 法性 正法眼蔵 (文献) 食是法 (術語) 法是食 (術語) 法性 (術語) 仏性 (術語) 法身 (術語) dharmatā (術語) (術語) dharma (術語) 真如 (術語) 無明 (術語) 実際 (術語) 心所 (術語) (術語) 意識 (術語) citta (術語) (術語) (術語) 身体 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage