INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前那須 真裕美 ( なす まゆみ, Mayumi Nasu ) 著 (種智院大学非常勤講師)
タイトル後期中観派に見る正理と勝義
タイトル読みこうきちゅうがんはにみるしょうりとしょうぎ
サブタイトル
タイトル(欧文)The Connection Between yukti and paramārtha in Later Mādhyamika
サブタイトル(欧文)
該当ページ163-166(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 106
53
2
特集・テーマ 駒沢大学における第五十五回学術大会紀要(二)
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2005-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド後期中観派 インド (地域) ツォンカパ (人物)
  人物   ツォンカパ ジュニャーナガルバ バーヴィヴェーカ チャンドラキールティ チベット仏教 (分野) チャンドラキールティ (人物) 密教 (分野) 宗喀巴 (人物) ナーガールジュナ (人物) 中観 (分野) カマラシーラ (人物) シャーンタラクシタ (人物) ダルマキールティ (人物) インド仏教 (分野) 中観派 (分野) Jñānagarbha (人物) バーヴィヴェーカ (人物) 二諦分別論 (文献) アヴァローキタヴラタ (人物) 清弁 (人物) アサンガ (人物) ダルマパーラ (人物) 吉蔵 (人物) ツォンカパ (人物) バーヴァヴィヴェーカ (人物) Candrakīrti (人物)
  文献   Lam rim chung ba 二諦分別論 チャンドラキールティ (人物) 二諦分別論 (文献) ジュニャーナガルバ (人物) Satyadvayavibhaṅgavṛtti (文献) ジュニャーナカルヴァ (人物) Tattvāvatāravṛtti (文献) 青冊史 二諦分別論細疏 (文献) Jñānagarbha (人物) avicāraikaramaṇīya (術語)
  術語   正理 ( yukti ) rigs pa 勝義 正理知 ヨーギン 考察 ( vicāra ) 碧巌録 (文献) 顛倒 (術語) 涅槃 (術語) 縁起性原理 (術語) 聖典 (術語) 四聖諦 (術語) 衆会 (術語) 善法 (術語) 勝義 (術語) 世俗 (術語) 三摩地 (術語) 行願 (術語) 無自性 (術語) 二諦説 (術語) (術語) (術語) 了義 (術語) 自性と無自性 (術語) 勝義と世俗 (術語) 般若 (術語) 通常の言説知 (術語) 世間極成 (術語) ヨーギン (術語) 唯識派 (術語) 世俗諦 (術語) 直接知覚 (術語) 正理知 (術語) ゲルク派 (術語) 無我観 (術語) 二障 (術語) vicāra (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage